「気に入らぬ 風もあろうに 柳かな」仙崖和尚

投稿日:2015年3月6日 更新日:

西村恵信先生から「書」をいただいた。
ここに書かれていたのが「気に入らぬ 風もあろうに 柳かな」である。

江戸末期の仙崖義梵和尚(1837年没)の原書に残っている。
描かれているのは真ん中に柳が風でなびいていて、
左下に小さく座禅してる宗が書かれている。
文字は左に「堪忍」とかかれた構図になってる。

ことわざに「柳に雪折れなし」というのがある。
要するに重みに耐えて折れない。
そこから転じて、柔軟なほうが剛直よりも耐える力が強いという意味だ。

仙崖和尚の言いたいのは柳が自分だろう、風も自分だろう。
分別するな!そこにいるすべてを受け入れてあるがまま!

なかなかこの心境になれない。
「我」を離れる修練がいる。
それが座禅である。

「生きがいの創造」を書かれた出口日出麿さんは、

「蛙(かわず)に鶏(にわとり)の鳴き声を注文してもダメ、
うぐいすにほととぎすのように鳴けといってもアカンこと。
それぞれのものにとっては、それぞれ真なのだから、
これをいちいちけちつけていたらこの天地は成り立たない。
「気に入らぬ風もあろうに柳かな」
風は柳の機嫌をとるためにのみ吹いてるのではない。
ねずみも人間の病原に恙(つつが)とかいう虫をとるという。
何が、どんなところで、どんな働きをしているやらわかるものでない。
在るままに在らしめよ、成るままに成らしめよ

このように書かれている。

この句の「堪忍」というこのは我慢することだではない。
我慢は利己心で自我が払拭されていない。
「忍」とは受け入れることだ。
風の吹くままに「流される」という主体性のない姿勢でなく、
「合わせる」と言う主体的態度だ。
ここに仙崖和尚のすごさを感じる。
「君はできるのか」と問われたら脱帽だ。悔しい!

皆さんはいかが味わいますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-