2月15日に思う

投稿日:2015年2月17日 更新日:

昨日は三月の陽気で暖かい日差しでした。
10年前に大きな手術をした定期健診の日で、近大病院で血液検査、
心電図、レントゲンと順番に待ち時間を楽しむために、いつものように本を読んでいた。
見かけた顔の人が「いつも本を読んでおられますね!」と声かけられた。

突然だったが「この時間が一番集中できるんですよ!」と返事した。
その人も「私は通勤の電車の中での読書が好きです」とおっしゃられた。

あまり深く考えたわけではないが集中力とは拘束されているからできる。
逆に考えると自分の目標を一つに決め、他の事を遮断することだと気づいた次第だ。
日頃こんなこと意識して行動していないが、
外界が五感を通じて入ってくる情報によってころころ変わってくる精神=心を持ってる人間には、
静止させる努力がいることを実感した。

逆に今日一日は何しても良いですよと自由に与えられたら、
不思議にあれこれしたいことがありすぎて定まらない不自由さを産むことにもなる。
これを迷いというのであろう。

2月15日は御釈迦さんが入滅あるいは涅槃された日と仏教では言う。
「涅槃経」に、
阿難が「悟っていないものは誰に頼るか、どうか入滅しないでください」というと、
御釈迦さんは「自灯明、法灯明」を寄る辺にしなさいと諭される。
自灯明=自分をよりどころとして他の灯明に依ってはならない。
法灯明=法をよりどころにして他の灯明に依ってはいけない。
これを「二灯二依」という。

善いも悪いも今の自分を受け入れ、心はいつも変化しすると無常なもので、
一切の起こってくる出来事は法(ダルマ)により無我を自覚する。
人間は「浄楽我常」と、自分は清く、楽しいだけで、わがままな自分が常であって変化しないと考えてる。
こう考えることで苦しみ迷うことになる。
逆に考えることだと人間の肉体は九つの穴があり不浄だ、あらゆる物を受け取るので、一切皆苦と考えねばならない心は常に変化し、すべての縁によって自分のおもいどうりに行かないこと「四念処」を諭された。

1.身は不浄(肉体)
2.受は苦しみ(感覚)
3.心は無常(精神)
4.法は無我(その他の万有)

凡夫の私にとっては「浄楽我常」の自分に振り回されるのが現実だ。
反省と感謝で今の時に集中し、新しい自分と出会う楽しみ味わいたいものだ。

皆さんは2月15日になにを思われましたか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-