価値観は変化する

投稿日:2014年10月21日 更新日:

最近の家電製品で素晴らしいのは羽根のない扇風機だ。
丸く細長い楕円形のなかから風が来る。
もちろん手を突っ込んでも問題はない。
幼い子供のいる家庭には良い家電製品だ。

それは価値観がモノから人へシフトしてる兆候だと感じる。

モノ的価値 ヒト的価値
1.機能 1.快適性
2.利便性 2.面白く楽しい
3.耐久性  3.納得
4.重量 4.品質
5.安全 5.安心
6.低価格  6.適正
7.所有欲求 7.使用欲求
8.眼に見える価値  8.眼に見えない価値
高度に発達した日本社会はモノの価値から人の価値へ、
さらには自然を大切にする価値へと価値観が変化してる。
自然の再利用や環境に優しい水素で走る車が現実的になってる。

戦後のもののない時代はモノの価値を見出し追及するだけで商品は飛ぶように売れた。
しかし、モノの価値から人の価値への時代は、如何に人を満足納得させることが第一義となってきてる。

一方エネルギーに視点をおけば、原子炉による発電は環境破壊であり、
自然と共生するエネルギーへ転換するべきだとシェールガスは実用化され、
メタンハイドレードの開発が注目されている。
地球に優しいエネルギーを求めての取り組みだ。

現実はどんどん着実に進化してるが、
われわれの意識はいまだモノ的価値で働いているかもしれない。
ドラッカーは『知識労働』と位置づけ、
智慧を絞って使命を果たす働きをすることがこれからの働き方だといってる。

昔のブルーカラーといわれる働きは機械に置き換えられ、
機械を操作する技術者となり、ホワイトカラーが知識労働へと進化してるのである。

情報化社会で知識を簡単に手に入れることはできる社会になったが、
それがほんとうに今を生きる人間にとって生かされたモノになるには、
『知識』を『智慧』に変える創意工夫できることが重要だ。
情報のインプットも大変重要だが、
人間に役立つアウトプットができる自分づくりがまず第一条件だ。

皆さんは価値観の変化にどう対応されていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-