流通の再編が起こってる、今必要なのは独立自尊の気概である。

投稿日:2014年10月1日 更新日:

1989年バブルが崩壊し、金融が再編されていく過程で、
北海道拓殖銀行の倒産、山一證券の倒産と相次いだ。
走行中の車にブレーキをかけても慣性の法則でまだ惰性で走り続けるのと同じように、
平成七年の神戸の震災までと、震災の特需の景気が終わるまで、
一般のわれわれには失われた10年がさらに10年のデフレになることは気づかなかった。

私が感じるのは、流通の再編と業態の変化はあらゆる産業を根底から変えろという兆候だ。
イトーヨーカードーは中内功氏が作ったダイエーを完全子会社で傘下にいれ、
新しい業態を作りダイエーの名前をなくすそうだ。

セブンイレブンに遅れをとってるローソンは成城石井を買収し製造小売業で、
高級品の品揃えに着眼する。(成城石井は増収増益で約550億で買収)

昭和の30年代に主婦の店として千林に開店された中内功のダイエーは、
『流通革命』というなのもとに庶民の味方として、メーカーと戦い価格破壊を行ってきた。

当時、政治では『安保問題』を皮切りに、
共産主義社会こそ理想だと学生運動が盛んだった時代だ。

中内さんは流通大学を神戸に創り、
1988年から2005年までに931通のはがきをかいて在校生を激励した。
最初の入学式のはがきを紹介すると、
『自主、自律、自己責任を持つことがほんとうの自由』と語り、
神戸の大震災のときは、
『悲観は気分から生まれる、楽観は意思から生まれる』というメッセージだった。

私は彼はお金儲けに生きたのでなく、
ほんとうに心のそこから消費者の代表者として流通を考え、
戦争で戦死した人の分まで命がけで戦ってきたように感じる。
ダイエーの名前はなくなるが、彼の使命感や言葉は語り継がれる。
私も事業家の一人として、使命感を明確に『世のため人のために』これからの時間を使いたい。

彼の自由の定義こそが、今の日本に求められる独立自尊の気概ではないかと改めて反省する次第だ。

皆さんは中内さんの言霊をいかが感じますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-