精神満腹(山岡鉄舟)

投稿日:2014年9月14日 更新日:

山岡鉄舟が清水次郎長に送った言葉で、
生涯大切にし、山岡を自分の師と仰ぎ、
千人も子分のいる侠客が清水に茶の栽培をしたり、
たくさんの社会事業を行った。

1868年明治天皇の侍従として山岡鉄舟が仕えていた。
賊軍となった榎本が咸臨丸で品川から就航したが、難破して清水につき死者が出た。
次郎長は朝廷(官軍)からとがめられること覚悟で死者を葬った。
その裁きに山岡が命じられ次郎長と出会うのである。

山岡が問うた。『なぜ賊軍を弔ったか?』
次郎長は『敵も味方も死んだ後は同じ仏です。
     死骸で海がふさがれては第一、港のものが困るのです。
     港のためと仏のためと思って致したことが、もし悪いと仰せになるのなら、
     どのような咎めもお受けします。』

鉄舟は感服し、さらに尋ねる。『どういう心得で敵を倒すのか?』
次郎長答えていわく『刃先をあわせたとき、
          ススキが風になびくように、
          自然に次郎長のするがままに任せているようならば、
          こちらは、すばやく刀を退いて逃げてしまう。
          逆に反発してくるようならば、間髪をいれず突き進んで斬った。
          弱いやつには余裕がないからすぐ反発する』

鉄舟は『お前は自然に剣法の極意に達してる。』と感嘆した。

そこで次郎長が『悟りとは何ですか?』と問うた。

鉄舟は『精神満腹』と答えた。

これが次郎長、生涯の座右の銘となり、
鉄舟の勧めもあって、社会事業を手がけたのである。

鉄舟の恩師品川先生に薫陶を受けた言葉に、
「モノが貧乏で心が貧乏を『貧乏貧乏』という。
 心豊かなのは『貧乏金持ち』という。
 だから『金持ち貧乏』にならぬように」であった。
13歳で三島の龍沢寺の星定和尚に禅を学び、
山岡鉄舟が問答で読んだ句が、

『晴れてよし、曇りてもよし富士の山
 元の姿はかわらざりけり』

皆さんは次郎長と幕末三舟(海舟、鉄舟、泥舟)の一人との出会いいかが感じますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-