精神満腹(山岡鉄舟)

投稿日:2014年9月14日 更新日:

山岡鉄舟が清水次郎長に送った言葉で、
生涯大切にし、山岡を自分の師と仰ぎ、
千人も子分のいる侠客が清水に茶の栽培をしたり、
たくさんの社会事業を行った。

1868年明治天皇の侍従として山岡鉄舟が仕えていた。
賊軍となった榎本が咸臨丸で品川から就航したが、難破して清水につき死者が出た。
次郎長は朝廷(官軍)からとがめられること覚悟で死者を葬った。
その裁きに山岡が命じられ次郎長と出会うのである。

山岡が問うた。『なぜ賊軍を弔ったか?』
次郎長は『敵も味方も死んだ後は同じ仏です。
     死骸で海がふさがれては第一、港のものが困るのです。
     港のためと仏のためと思って致したことが、もし悪いと仰せになるのなら、
     どのような咎めもお受けします。』

鉄舟は感服し、さらに尋ねる。『どういう心得で敵を倒すのか?』
次郎長答えていわく『刃先をあわせたとき、
          ススキが風になびくように、
          自然に次郎長のするがままに任せているようならば、
          こちらは、すばやく刀を退いて逃げてしまう。
          逆に反発してくるようならば、間髪をいれず突き進んで斬った。
          弱いやつには余裕がないからすぐ反発する』

鉄舟は『お前は自然に剣法の極意に達してる。』と感嘆した。

そこで次郎長が『悟りとは何ですか?』と問うた。

鉄舟は『精神満腹』と答えた。

これが次郎長、生涯の座右の銘となり、
鉄舟の勧めもあって、社会事業を手がけたのである。

鉄舟の恩師品川先生に薫陶を受けた言葉に、
「モノが貧乏で心が貧乏を『貧乏貧乏』という。
 心豊かなのは『貧乏金持ち』という。
 だから『金持ち貧乏』にならぬように」であった。
13歳で三島の龍沢寺の星定和尚に禅を学び、
山岡鉄舟が問答で読んだ句が、

『晴れてよし、曇りてもよし富士の山
 元の姿はかわらざりけり』

皆さんは次郎長と幕末三舟(海舟、鉄舟、泥舟)の一人との出会いいかが感じますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-