精神満腹(山岡鉄舟)

投稿日:2014年9月14日 更新日:

山岡鉄舟が清水次郎長に送った言葉で、
生涯大切にし、山岡を自分の師と仰ぎ、
千人も子分のいる侠客が清水に茶の栽培をしたり、
たくさんの社会事業を行った。

1868年明治天皇の侍従として山岡鉄舟が仕えていた。
賊軍となった榎本が咸臨丸で品川から就航したが、難破して清水につき死者が出た。
次郎長は朝廷(官軍)からとがめられること覚悟で死者を葬った。
その裁きに山岡が命じられ次郎長と出会うのである。

山岡が問うた。『なぜ賊軍を弔ったか?』
次郎長は『敵も味方も死んだ後は同じ仏です。
     死骸で海がふさがれては第一、港のものが困るのです。
     港のためと仏のためと思って致したことが、もし悪いと仰せになるのなら、
     どのような咎めもお受けします。』

鉄舟は感服し、さらに尋ねる。『どういう心得で敵を倒すのか?』
次郎長答えていわく『刃先をあわせたとき、
          ススキが風になびくように、
          自然に次郎長のするがままに任せているようならば、
          こちらは、すばやく刀を退いて逃げてしまう。
          逆に反発してくるようならば、間髪をいれず突き進んで斬った。
          弱いやつには余裕がないからすぐ反発する』

鉄舟は『お前は自然に剣法の極意に達してる。』と感嘆した。

そこで次郎長が『悟りとは何ですか?』と問うた。

鉄舟は『精神満腹』と答えた。

これが次郎長、生涯の座右の銘となり、
鉄舟の勧めもあって、社会事業を手がけたのである。

鉄舟の恩師品川先生に薫陶を受けた言葉に、
「モノが貧乏で心が貧乏を『貧乏貧乏』という。
 心豊かなのは『貧乏金持ち』という。
 だから『金持ち貧乏』にならぬように」であった。
13歳で三島の龍沢寺の星定和尚に禅を学び、
山岡鉄舟が問答で読んだ句が、

『晴れてよし、曇りてもよし富士の山
 元の姿はかわらざりけり』

皆さんは次郎長と幕末三舟(海舟、鉄舟、泥舟)の一人との出会いいかが感じますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-