ありのままの自分を受け入れる。

投稿日:2014年9月13日 更新日:

テレビの推理ドラマで殺人者に刑事が説得する場面があった。
殺人者は部下を階段から突き落とした。
その理由は苦労して開拓した得意先が細かい注文が多く断ると部下が言ったとき、
開拓の苦労がわかってもらえず、『カッ』ときて突き落とし殺すことになった。
その現場にはガラスの鏡があった。

これがヒントで逮捕となったが、
刑事のセリフが現実のわれわれにも共感する核心に触れてるので紹介する。

「人間の頭の中には理想的自分がいる。
 鏡を見ると現実の自分が写る。
 その時、
 現実の自分に眼をそむけ見ないようにする。
 現実の自分を理想の自分へするために努力する。
 そのどちらも答えではない。
 
 現実のありのままの自分を受け入れ、
 自分にしかできないことを一生懸命に努力することが生きることだ。」

人間が理想を持つことは素晴らしいが、
理想から自分を責めだめ人間にしたり、理想で他人を攻撃することで自己正当化する。
不完全なできない自分を受け入れることで謙虚さを学び、他人の良さが見えてくる。

努力は自分の強みを生かすことだ。
そして他人の良さを探すこと。

遺伝子は利己心だから、
一度思い浮かんだことはいつも自分の都合の良いことだ。
その利己心の『思い』を一度飲み込んで、
虚心にありのままの現実を受け入れ、
自分の強みと他人のよさが見える自然体でありたい。

皆さんはありのままの自分受け入れてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-