現実とは理性を超えた理不尽こそ自然だ。

投稿日:2014年8月23日 更新日:

論理の世界で生きる我々にとって、
原因と結果がわからないとどうも不愉快になる。
つじつまが合わないからだ。

逆に考えるとつじつまが合うことが正しいと思い込んでいるだけであるに違いない。
自然のなかから生まれた人間が自然を理解し、よりよき環境を作って生活してきたが、
自然よりも人間の理性のほうが小さく自然の法則の一部を解明したに過ぎない。

ところが人間は理性至上主義を良しとして、
自然への畏敬を忘れてしまいがちだ。

だから、つじつまが合わないとおかしいと思い込んでしまう。
事実は理不尽なことのほうが当たり前と受け取るのが自然だ。
科学者は理不尽な出来事にたいして、
真摯に課題として向き合い仮説を立て実験をし法則を見つける。(謙虚な態度)

しかし、小保方さんのスタッフ細胞は『あってほしい』という願望が仮説の証明に、
思い込みとして入った可能性がある。
それは自分に都合のいい情報を集める結果になったかもしれないのである。

これから真実がわかるだろうが、人間が不完全な性質である故の出来事だ。
理研の組織を守ろうとする姿勢が見え隠れし、ついに自殺者を出した。

『許す』ことができない社会が住みやすい社会だろうか?
合理性だけの判断で犯人探しをするマスコミの姿勢にも疑問に思う。
安藤さんというニュースキャスターの人はマスコミとは『野次馬』だと言い放つ。
公正なジャッジをして事実を肯定も批判もし、左右に揺れない見識がマスコミであってほしい。

自然には直線がないように、合理性という理性の物差しだけで野次馬的に事実を計ると間違いを犯す。
曲線を受け入れ、理不尽が当たり前と受け止めれ,互いが許しあい助け合う社会が望まれる。
自分からそんな行動することからはじめたい。

皆さんはいかが思いますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-