言霊(松下幸之助)

投稿日:2014年5月2日 更新日:

1.『無理しないと言うことは、理に反しないということ、
   言いかえると、理に従うことです』

仕事や人生には無理しなければならないときもあるが、
無理は理が通らないので、長続きしない。コツコツが基本。

2.『何ら努力せずして、また精神を集中せずして、
   コツをつかむことはできない。」

私の若いときはとにかく性急に結果がほしく、
ジュックリ腰据えてコツコツやる忍耐力が身についてなかった。
10年先を見てコツコツやり、100年先を創造する大事さを今わかった。
「着眼大局着手小局」

3.『衆知を集めることは大切。
   だが、衆知を集めて決定するのは
   自分でやらないといけない。』

情報を集めるのは自分で現地に行くのが一番早い、
あるいは新聞や本やテレビ、それに人に聞くことだが、
集めただけでは料理の材料に過ぎない。
何を捨て何に着目するかを自分で決定し進むべき方向を定め生かす。

4.『なすべきことをなすという勇気と、
   人の声に私心なく耳を傾けるという謙虚さがあったならば、
   智慧はこんこんと湧き出てくるのである。』

私心なく耳を傾けることがいつでもできない。
自分にとって都合のいい事は聞くが、批判的なことは聞けない。
できるだけ冷静に虚心で聞く訓練するが、
行動しようとしない人から批判を受けると耳が閉じる。
修行がいる。

5.『成功する人と失敗する人はどこが違うのかを煎じ詰めていくと、
   失敗するほうには「私」がある。』

仕事や人生で一杯経験してるのに、
意識しないと「私」を二番にできないで、
失敗を繰り返している自分がいる。
『動機善私心なかりし』念仏のように唱えてるのに!!
経営の神様は人生の神様にも通じるように思うのは私だけでしょうか!

皆さんはこの言葉素直に聞けますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-