新しい人間道の提唱(松下幸之助)

投稿日:2014年4月28日 更新日:

昭和50年1月

   「新しい人間道の提唱」

人間には、万物の王者としての偉大な天命がある。
かかる天命の自覚にたっていっさいのものを支配活用しつつ、
よりよき共同生活を生み出す道が、すなわち人間道である。

人間道は、人間をして真に人間たらしめ、万物をして真に万物たらしめる道である。
それは、人間万物いっさいをあるがままにみとめ、容認するところからはじまる。
すなわち、人も物も森羅万象すべては、自然の摂理によって存在しているものであって、
一人一物たりともこれを否認し、排除してはならない。そこに人間道の基がある。

そのあるがままの容認の上にたって、いっさいのものの天与の使命、特質を見極めつつ、
自然の理法に即して適切な処置、処遇を行い、すべてを生かしていくところに人間道の本義がある。
この処置、処遇をあやまたず進めていくことこそ、王者たる人間共通の尊い責務である。

かかる人間道は、豊かな礼の精神と衆知に基づくことによってはじめて、円滑のより正しく実現される。
すなわち、つねに礼の精神に根ざして衆知を活かしつつ、いっさいを容認し、
適切な処遇を行っていくところから、
万人万物の共存共栄の姿が共同生活の各面におのずと生み出されてくるのである。

政治、経済、教育、文化その他、物心両面にわたる人間の諸活動はすべて、
この人間道に基づいて力強く実践して行かなければならない。

そこから、いっさいのものが、そのときどきに応じ、そのところを得て、
すべてが調和の基にいかされ、共同生活全体の発展と向上が日に新たに創生されるのである。

まさに人間道こそ人間の偉大な天命を如実に発揮される大道である。
ここに新しい人間道の提唱するゆえんである。

松下幸之助

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由に、部下が悪いと部下のせいにして、自分は間違ってない、唯、厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

-生き方
-