新しい人間道の提唱(松下幸之助)

投稿日:2014年4月28日 更新日:

昭和50年1月

   「新しい人間道の提唱」

人間には、万物の王者としての偉大な天命がある。
かかる天命の自覚にたっていっさいのものを支配活用しつつ、
よりよき共同生活を生み出す道が、すなわち人間道である。

人間道は、人間をして真に人間たらしめ、万物をして真に万物たらしめる道である。
それは、人間万物いっさいをあるがままにみとめ、容認するところからはじまる。
すなわち、人も物も森羅万象すべては、自然の摂理によって存在しているものであって、
一人一物たりともこれを否認し、排除してはならない。そこに人間道の基がある。

そのあるがままの容認の上にたって、いっさいのものの天与の使命、特質を見極めつつ、
自然の理法に即して適切な処置、処遇を行い、すべてを生かしていくところに人間道の本義がある。
この処置、処遇をあやまたず進めていくことこそ、王者たる人間共通の尊い責務である。

かかる人間道は、豊かな礼の精神と衆知に基づくことによってはじめて、円滑のより正しく実現される。
すなわち、つねに礼の精神に根ざして衆知を活かしつつ、いっさいを容認し、
適切な処遇を行っていくところから、
万人万物の共存共栄の姿が共同生活の各面におのずと生み出されてくるのである。

政治、経済、教育、文化その他、物心両面にわたる人間の諸活動はすべて、
この人間道に基づいて力強く実践して行かなければならない。

そこから、いっさいのものが、そのときどきに応じ、そのところを得て、
すべてが調和の基にいかされ、共同生活全体の発展と向上が日に新たに創生されるのである。

まさに人間道こそ人間の偉大な天命を如実に発揮される大道である。
ここに新しい人間道の提唱するゆえんである。

松下幸之助

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-