新しい人間道の提唱(松下幸之助)

投稿日:2014年4月28日 更新日:

昭和50年1月

   「新しい人間道の提唱」

人間には、万物の王者としての偉大な天命がある。
かかる天命の自覚にたっていっさいのものを支配活用しつつ、
よりよき共同生活を生み出す道が、すなわち人間道である。

人間道は、人間をして真に人間たらしめ、万物をして真に万物たらしめる道である。
それは、人間万物いっさいをあるがままにみとめ、容認するところからはじまる。
すなわち、人も物も森羅万象すべては、自然の摂理によって存在しているものであって、
一人一物たりともこれを否認し、排除してはならない。そこに人間道の基がある。

そのあるがままの容認の上にたって、いっさいのものの天与の使命、特質を見極めつつ、
自然の理法に即して適切な処置、処遇を行い、すべてを生かしていくところに人間道の本義がある。
この処置、処遇をあやまたず進めていくことこそ、王者たる人間共通の尊い責務である。

かかる人間道は、豊かな礼の精神と衆知に基づくことによってはじめて、円滑のより正しく実現される。
すなわち、つねに礼の精神に根ざして衆知を活かしつつ、いっさいを容認し、
適切な処遇を行っていくところから、
万人万物の共存共栄の姿が共同生活の各面におのずと生み出されてくるのである。

政治、経済、教育、文化その他、物心両面にわたる人間の諸活動はすべて、
この人間道に基づいて力強く実践して行かなければならない。

そこから、いっさいのものが、そのときどきに応じ、そのところを得て、
すべてが調和の基にいかされ、共同生活全体の発展と向上が日に新たに創生されるのである。

まさに人間道こそ人間の偉大な天命を如実に発揮される大道である。
ここに新しい人間道の提唱するゆえんである。

松下幸之助

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-