中江藤樹の学ぶことの意味

投稿日:

中江藤樹の学ぶことの意味
自分の仕事や人生において「学ぶ」のは、
仕事や人生の「苦しみ」を根本的に解決し開放され毎日楽しく過ごすことだ。
言いかえると「安心立命」を得ることだ。

中江藤樹は「順境にいても安んじ
      逆境にいても安んじ
      常に坦蕩々として苦しめるところなし
      これを真楽というなり
      萬の苦を逃れ
      真楽を得るを学問のめあてとす」

自分の今の環境が順境でも逆境でも心には「安心」を置くことが良しである。
若き時は自分の外に「安心」を探す、いくら探してもないことに気づく。
安心は自分が決めて、自分で持つものだ。
決めたらその心の状態を持続させたいのが人情だ。

あえて答えはといえば、藤樹の言うように「学ぶこと」だ。
自分にとってどんな事実でも「100%」受け入れ、
それを解決すべく心を落ち着かせ「安心」を真ん中に据え、
事実をジュックリ観察し考え、対処の行動をすることだ。
目の前の事実から決して逃げない自分でいることが人物になる学びだ。

人間は回りの環境に左右され易いが、
順境の時、ついつい慢心になり傲慢になる心を謙虚にし「安心」を真ん中に坐らせる。
逆境の時、ついつい状況につられ悲観的に物事をとらえ、変化する諸行無常を忘れ、
不信と不安と未来を閉ざし絶望し未来を閉ざすが、自分を信じ「安心」を真ん中に坐らせる。

順逆の状況に振り回されないで、心平らかにしてユッタリ「安心」を心の真ん中に坐らせる。
これができることを藤樹は「真の楽しみ」と呼んでいる。

未来をあせって、心に「不安」を坐らせたら自分の心が動揺し命が立たなくなる。
立命は「安心」から始まり、おかれた立場で他人に役に立つ行動をやり続けることだ。
やり続ける中で「使命」を自覚し「立命」に飛躍するのである。
「安心立命」はあるものでなく、自分の心に「安心」を据え、
利他行することを持続する中に立命を得るのである。

皆さんは中江藤樹の言葉を如何に感じられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-