「青春」サミエル・ウルマン

投稿日:2014年4月7日 更新日:

「青春とは人生のある期間を言うのでなく、心の様相を言うのだ。」
というサミエル・ウルマンの詩が大好きだ。

欧米の近世は中世的神の束縛から解放され、
産業革命以後は自然を取り込もうと考える開拓者的な科学技術至上主義と化した。
一方、封建制体制や、絶対王政の社会構造から脱却し共和的な民主主義政治が行われた。

ここで重要なのは二つある。
一つは経済基盤の生産性をあげ冨を豊かに具体的にすること。
もう一つは人間の心の核の良心を育てる教育をすることだ。

ところが唯物論的な科学中心は「宗教は阿片」で思考停止ときめつけ排除する傾向がある。
自分の心を育成するのは確かに個人的なことであることはまちがいない。
人間が心身一如である存在だから、バランスよく身体も心も磨く人間を創らねばならない。

科学は「懐疑」から始まる。
心は「信頼」から始まる。

この相矛盾したテーマを個人として統合し、
他人に役立つ行動する(利他行)ことが私たち社会人の義務だ。

そのためにはウルマンの言うような心を持ち続けなければならないだけでなく、
自らの心身一如のバランスある人格と能力を育てなければならない。

「人は信念と共に若く、   疑惑と共に老いる
 人は自信とともに若く、  恐怖と共に老いる
 希望ある限り若く、     失望と共に老い朽ちる」

昇地三郎さんは、
「人生は戦いです。
 楽しようと言う怠け心と
 苦労に打ち勝っていこう
 と言う二つの心の戦いです。」

もうひとつの戦いは自分を守ろうとする利己心と、
他人を利する利他心との葛藤と戦いでもある。

みなさんは自分の心をどう育てていますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-