新入社員の発表を聞いて

投稿日:2014年4月5日 更新日:

4月1日から新入社員五名のオリエンテーションが始まっている。
その一つに「ビジネスマンとして好かれる人は」と言うテーマでディスカッションし、
結論を出すし発表するという研修があり、今日発表を聞いた。

2チームに分け発表があった。
チームワン(ONE)の結論は「当たり前のこと当たり前にする人」

その説明に御客さんに対して、
1.清潔
2.親近感をもって
3.思いやり(誠実である)
さらに仲間に対して
1.会話力
2.信頼感
3.協調性

をキーワードの仕事に励むと言うことだ。
チームトゥ(TWO)の結論は「自分をしっかり持った、信念があって筋の通った人」
その説明に働くことの意味として、
1.食べるため
2.生活安定
3.仲間作り
4.成長のため
5.自己実現のため
マズローの欲求五段階を述べた。
もうひとつは具体的な人物像として
1.気の利いた人
2.仕事を楽しめる人
3.間違えることを恐れない人
4.自分の意見を伝えられる人
5.自分の考えを行動に移せる人
6.悪口をいわない人
7.人を大事にする人
8.コミニュケーションが取れる人
9.約束・時間を守る人
10.人の為は自分のためと考える人
11.自分に厳しい
12.流されない人(優柔不断でない)

こんな発表があったが、素直に「出来ているわけでない」
と言うところは初々しい。
もし、これが全部できていると言いきれたらすごい人だろう。

私も発展途上人だ。
仕事をする人としてこのベクトルを共有し、
新人も含め仲間とともに学んで行きたい。

みなさんはこんなベクトルを紙にかかれてますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-