新入社員の発表を聞いて

投稿日:2014年4月5日 更新日:

4月1日から新入社員五名のオリエンテーションが始まっている。
その一つに「ビジネスマンとして好かれる人は」と言うテーマでディスカッションし、
結論を出すし発表するという研修があり、今日発表を聞いた。

2チームに分け発表があった。
チームワン(ONE)の結論は「当たり前のこと当たり前にする人」

その説明に御客さんに対して、
1.清潔
2.親近感をもって
3.思いやり(誠実である)
さらに仲間に対して
1.会話力
2.信頼感
3.協調性

をキーワードの仕事に励むと言うことだ。
チームトゥ(TWO)の結論は「自分をしっかり持った、信念があって筋の通った人」
その説明に働くことの意味として、
1.食べるため
2.生活安定
3.仲間作り
4.成長のため
5.自己実現のため
マズローの欲求五段階を述べた。
もうひとつは具体的な人物像として
1.気の利いた人
2.仕事を楽しめる人
3.間違えることを恐れない人
4.自分の意見を伝えられる人
5.自分の考えを行動に移せる人
6.悪口をいわない人
7.人を大事にする人
8.コミニュケーションが取れる人
9.約束・時間を守る人
10.人の為は自分のためと考える人
11.自分に厳しい
12.流されない人(優柔不断でない)

こんな発表があったが、素直に「出来ているわけでない」
と言うところは初々しい。
もし、これが全部できていると言いきれたらすごい人だろう。

私も発展途上人だ。
仕事をする人としてこのベクトルを共有し、
新人も含め仲間とともに学んで行きたい。

みなさんはこんなベクトルを紙にかかれてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-