マナー優先

投稿日:2014年3月30日 更新日:

今朝、製造の朝礼に出た。
毎朝みんなで『月間朝礼』の読み合わせをする。
今日のテーマは『マナー優先』と言う話が書かれていた。

ゴルフはルールよりマナーを先に覚えることを強調するそうだ。
一緒にプレーする人が気持ちよくプレーしてもらうからだ。

具体的に五つのポイントをあげている。
1、自分のプレーは早く完了
2、一緒に回る人のボールに気を配る
3、打数は正確に、正直に
4、してもらって嬉しいことをどんどんやる
5、自分の後にプレーする人のことにも配慮する

これは茶道の作法と同じような項目だ.
室町の中期にわび茶を創始した村田珠光(1422~1502年)の弟子に、
粟田口の善法という良恩寺の僧、善法がいて、珠光は侘びた風情の極地と誉めた。

というのも、生涯、茄子型の口がツンと突き出した釜を片時も話さず、
飯を炊いて食事をしたり、道行く人に一服お茶を与えたりした。
なんとも自在で自由な茶道である。

おもてなしの心、マナー優先だし贅沢をしない、
ごく普通に楽しむ侘び茶原風景だ。
それもお客人をルールで雁字搦めにするのでなく、
好きに飲んでもらうのが流儀だ。
(開放的で奔放な雰囲気が感じられる)

ある時、秀吉が利休に、善法の釜で茶会を開くことを命じる。
すると善法は釜を石で砕いてしまったのである。

それを聞いた秀吉は『善法は本当の茶人』と感服して、
似せた釜を二つ作り、一つは秀吉、
もうひとつは良恩寺の寺宝になリ保管されているそうだ。

私たちは守らなければならないのは二つあります。
仏教では戒律といいます。
『律』とは法律です。ルールです。
ルールさえ守もっていれば何をしても良いということではありません。
社会生活には最低限ルールは守らねばなりません。

もうひとつは『戒』といって、自ら自分で守る規範、即ちマナーである。

ゴルフもマナーが優先された上でルールを守ることだ。
ルールは時代によって変わりますが、
マナーは人間に対する配慮の心ですから、やりすぎることはありません。

最澄の言葉に『衣食の中に道心なし 道心の中に衣食あり』と言う言葉がある。
言いかえると、『ルールの中にマナーはなく マナーの中にルールあり』
マナー優先は人間が互いに助け合う社会の成熟度を表す基準だ。

みなさんはマナー優先のゴルフ精神いかが感じられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-