言霊が届いた。

投稿日:2014年3月30日 更新日:

今日、致知出版の藤尾社長から本のプレゼントが届いた。
『人生の大則』と題して、副題に「この世に絶対不変の真理はあるんだろうか?」

本を開いてみると沢山の言霊がつまっている。
自分が折れそうになったとき、自分を励ます意味で二つ選んだ。
「絶対に成功しない条件」
それには四つある。
1、言われたことしかしない人
2、楽して仕事をしようとする人(そういうことが可能だと思っている人)
3、続かないと言う性格を直さない人
4、すぐにふてくされる人

逆に「成功する人の共通点」

ここで言う成功者とは地位や財産のある人ではない。
どのような分野であれ『自分で自分の道を切りひらいた人』の意である。

『感謝の念』である。

何かいいことがあれば感謝するのは当たり前だが、
自分にとってマイナスのことも感謝する。
それが障害や困難に打ち勝つ打開力へ変化させる人だ。

普通は自分にとって都合の悪いことは、
1、知らん顔してその事実から逃げる。
2、私には関係ないと責任逃れする。
3、親だとか上司だからと立場上でイヤイヤ消極的に責任取る行動する。
でも以上の姿勢でなく、
4、『はい、喜んで』と積極的に自己責任だと考え真正面から取り組む。
この4番のような姿勢は書くことは簡単ですが、実践することは難しい。(普通の人なら)

薬師寺の高田好胤さんは『悟り』とは決心、覚悟だとよくおっしゃっていた。
随分、自分にマイナスのことを感謝され打開力に変えた人だと、
いまさらながら偉大さに敬服する。

「言うは易し行うは難し」

一流の人は自分に厳しい、まだまだ甘い自分がいる。

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-