言霊が届いた。

投稿日:2014年3月30日 更新日:

今日、致知出版の藤尾社長から本のプレゼントが届いた。
『人生の大則』と題して、副題に「この世に絶対不変の真理はあるんだろうか?」

本を開いてみると沢山の言霊がつまっている。
自分が折れそうになったとき、自分を励ます意味で二つ選んだ。
「絶対に成功しない条件」
それには四つある。
1、言われたことしかしない人
2、楽して仕事をしようとする人(そういうことが可能だと思っている人)
3、続かないと言う性格を直さない人
4、すぐにふてくされる人

逆に「成功する人の共通点」

ここで言う成功者とは地位や財産のある人ではない。
どのような分野であれ『自分で自分の道を切りひらいた人』の意である。

『感謝の念』である。

何かいいことがあれば感謝するのは当たり前だが、
自分にとってマイナスのことも感謝する。
それが障害や困難に打ち勝つ打開力へ変化させる人だ。

普通は自分にとって都合の悪いことは、
1、知らん顔してその事実から逃げる。
2、私には関係ないと責任逃れする。
3、親だとか上司だからと立場上でイヤイヤ消極的に責任取る行動する。
でも以上の姿勢でなく、
4、『はい、喜んで』と積極的に自己責任だと考え真正面から取り組む。
この4番のような姿勢は書くことは簡単ですが、実践することは難しい。(普通の人なら)

薬師寺の高田好胤さんは『悟り』とは決心、覚悟だとよくおっしゃっていた。
随分、自分にマイナスのことを感謝され打開力に変えた人だと、
いまさらながら偉大さに敬服する。

「言うは易し行うは難し」

一流の人は自分に厳しい、まだまだ甘い自分がいる。

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-