人と個人と人間について

投稿日:2014年2月25日 更新日:

私たちは人として他の動物とは違う。
個人というのは人同士の動物的な性質の違い。
背が高いとか低い、好き嫌いや損得を言う性質を言うのかはっきりしない。

それでは、人間と言うときは集団の中で協調性があり、
人間としての礼儀や道徳意識が高く、
子供のようなわがままさを出さず、
創造的な働きをし人格ができてる人をさすように感じる。

さて、国語学者でないので言葉の定義については明確にわからない。
なぜこんなことを書くかというと憲法が議論されているからだ。
13条の「すべて国民は、個人として尊重される」とある。
人権といわれ「地球より重い命」というのは、動物より上だと言ってるのだろうかわからない。
個人という言葉の背景には、キリスト教の神から原罪を受けて労働をかせられた人という
ニュアンスを感じる。

私たちは、八百万の神の国であり、仏教を上手く取り入れ新しく日本流に育てて生活する
民の歴史だ。
今キリスト的考えを取り込み、元々ある聖徳太子の和の精神と対立してるのが現代だ。
2~3百年先には、みごとに中和させ新しい哲学が生まれてることに違いない。

人類が進化し新しい哲学が生まれる過程が今だ。
奪い合う競争の相対的価値観を妄信する時代から、
相補的な愛の世界〔キリスト教〕、布施の世界〔仏教〕を、
第一の価値観にした世界観があっても良いのではないだろうか?

合理的科学主義の人は宗教を一方的に観念論だと一蹴せず、
脳科学や心理学をもっと進め宗教を科学する努力がほしい。

人類最大のベストセラーは聖書だというのに!

みなさんは個人として対立を好みますか、人間として和しますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-