人と個人と人間について

投稿日:2014年2月25日 更新日:

私たちは人として他の動物とは違う。
個人というのは人同士の動物的な性質の違い。
背が高いとか低い、好き嫌いや損得を言う性質を言うのかはっきりしない。

それでは、人間と言うときは集団の中で協調性があり、
人間としての礼儀や道徳意識が高く、
子供のようなわがままさを出さず、
創造的な働きをし人格ができてる人をさすように感じる。

さて、国語学者でないので言葉の定義については明確にわからない。
なぜこんなことを書くかというと憲法が議論されているからだ。
13条の「すべて国民は、個人として尊重される」とある。
人権といわれ「地球より重い命」というのは、動物より上だと言ってるのだろうかわからない。
個人という言葉の背景には、キリスト教の神から原罪を受けて労働をかせられた人という
ニュアンスを感じる。

私たちは、八百万の神の国であり、仏教を上手く取り入れ新しく日本流に育てて生活する
民の歴史だ。
今キリスト的考えを取り込み、元々ある聖徳太子の和の精神と対立してるのが現代だ。
2~3百年先には、みごとに中和させ新しい哲学が生まれてることに違いない。

人類が進化し新しい哲学が生まれる過程が今だ。
奪い合う競争の相対的価値観を妄信する時代から、
相補的な愛の世界〔キリスト教〕、布施の世界〔仏教〕を、
第一の価値観にした世界観があっても良いのではないだろうか?

合理的科学主義の人は宗教を一方的に観念論だと一蹴せず、
脳科学や心理学をもっと進め宗教を科学する努力がほしい。

人類最大のベストセラーは聖書だというのに!

みなさんは個人として対立を好みますか、人間として和しますか?

no image

2020/05/30

学ぶことが生きること

「習・破・離」こんな言葉を見つけた。習は今まで守と思っていたが、この習の方がしっくりくる。 何事も誰かに習わなければなら ...

no image

2020/05/30

「論語」に学ぶ孔子の生い立ちと人となり

生い立ちというのがかなり後々の人間形成に影響する。 論語の中で「我は生まれながらにしてこれを知るものにあらず」とあるよう ...

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

-生き方
-