「独創」から「共創」へ

投稿日:

独創は競争で、共創は助け合いの精神だ。
「ロケット佐々木」と言われたシャープの電卓を小型化し電卓の父と言われた人の言葉だ。
名もないころの孫正義さんに創業資金1億を銀行へ行って出させた人だ。
スティーブ・ジョブズも日本にやってきて、iPodのアイデアを教えたり、iPhoneの創造も語っていた。
その後ジョブズはビルゲイツを抜いてアップルを再生した。

佐々木さんが部下に口癖のように言っていたのは
「いいかい、君たち。分からなければ聞けばいい、持っていないなら借りればいい、
 逆に聞かれたら教えるべきだし、持っているものは与えるべきだ。
 人間、一人でできることは高が知れている。
 技術の世界はみんなで共に創る「共創」が肝心だ。」
実に素晴らしいオープンマインドである。

シャープがどんどん発明してるとき、
韓国も家電の技術を学び「韓国に抜かれてしまう」と部下が言ったら、
即座に「其れ以上のモノ創ればいい」と言い放った人だ。

オンリーワンはいいがクローズマインドではだめだ。
稲盛さんも「才能を私物化するな」とおっしゃってる。
自分の保身から、どうしても秘密にしクローズな気持ちが働くのも人間の弱さだ。
しかし、その利己心を払いのけてこそ、素晴らしい発明なり改革が起こせるのである。

「仕事は相手の身になって考える。
信じること、思いやること、感謝すること。
いまする悩みはすべて幸せにつながる」

本田宗一郎は、
「人を動かすことのできる人は他人の気持ちになれる人
 そのかわり,他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む」
この悩みこそ幸せの種だというのである。

皆さんは「競争」してますか、「共創」してますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-