生みの親と育ての親(二宮尊徳パートII)

投稿日:2014年1月15日 更新日:

人間と自然は違う。
二宮尊徳は『魚を食べる時に漁師に感謝する前に海に感謝する』という。
自然は「産む」ことができる。
人間は「育てる」ことができる。
この育てることは『産んでもらった』恩返しだと言うのだ。

「育てる」ことをするには努力がいる。
現実は辛いことも苦しいことも悲しいこともあり、
楽しいこと嬉しい事もある。

二宮尊徳は、人間には喜怒哀楽があるが、その感情を楽しむことだと言うのだ。
どんな人もここから逃げれないのに自分にとっての都合で、
辛いことや苦しみ、悲しみから逃げようとするのはいけないと諭す。

どんなことがあっても諦めず、
一歩ずつ進めてコツコツ努力すると結果は実るというのだ。
一歩出す行動だ。
積少為大と尊徳は言う。

自然は産み出すエネルギーがある。
人間はそのエネルギーを使わしてもらってるに過ぎない。

さらに二宮尊徳は山の中にいる動物は実を食べる。
人間が種(実)を食べたら一人の食物にしかならないが、
種をまいて水をやり肥料を与えて育てたら万人が食べれると考える。

自然は産みの親なのだ。
もちろん種だけでは育たない。
太陽の光と大地の栄養と水がいる。

その自然から人間の智慧を働かして作った道具や機械、
それに自然にはない加工品は自然のものとは違う。

自然は自ら新陳代謝機能を持っているが、
人間が作ったモノはできた時が100%で劣化していく。
だから、手入れがいる。
手入れのことを努力と言うのだ。

人間は自然から生まれたものでエネルギーを貰っているが寿命がある。
手入れという努力をすれば身体も心も良いコンディションを保てる。
特に心のコンディションは無私を学ぶことだ。

人間は産むことはできないが、
自分で自分を育てることはできる。
無私の自分と出会うことを喜びとする人を達人という。
この努力のことは自分で自分を育てることだ。(言うは易し行うは難し)

みなさんは仕事や子供育て楽しんでこられましたか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-