無人の八百屋

投稿日:2014年1月7日 更新日:

中学の時に高校受験で世話になった先生が名張に住んでおられる。
西名阪道路を天理から針インターを出て室生寺を通って名張に行くのであるが、
その道中に無人の八百屋さんがある。

地元のお百姓さんが白菜や、大根、ほうれんそうや人参などを並べてある。
一品百円と書いてあるだけで、そばに空き缶らしきものに、
お金を入れる穴があいてるのが置かれているだけだ。
車は走ってるが周りには人どうりはない。

買う人の良心を信じての八百屋さんだ。

安いのか高いのかは買い物慣れしていない私にはわからない。
しかし、信用されてることが大変嬉しく、ついつい買ってしまう。

滋賀県の琵琶湖のほとりに小川村と言うのがある。
日本の陽明学の祖といわれる中江藤樹先生の出身地だ。
この村に一歩足を踏み込むと清潔で、すがすがしい空気が漂っている。

武士であった藤樹が塾を初めるのに一番最初に捨てた者は『刀』だった。
『刀』を売って塾だけでは生活できないので酒屋を開いたのである。
これが実に藤樹先生らしい店で、小川村のすがすがしい空気のわけでもある。

一斗樽が置かれていて、自分で柄杓ではかり、
一合、一升いくらと書かれた紙が貼ってある。
もちろん自分でお金を払って帰る。店には番人もだれもいない。

お客の良心を信じた商いだ。

私が10歳ぐらいのころは家に鍵をかけるご近所の家はなかった。
(みんな貧しくてとられるものがなかったからかも知れないが!)

文明が進み豊かになると個人がモノやお金を沢山持つようになる。
すると良心が猜疑心になり、人を信用しないようになる。

ホントの平和は無人の八百屋を作ることだ。
それにはまず良心に従う行動が出来る人間を創ることだ。

みなさんはどんな人創りされてますか?

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

no image

2020/10/10

「不老不死」を求めるのは生の現実肯定

中国の道教は仙人思想で「不老不死」を求めた。 生を長く保ち続けるために不老長寿の薬を求めたと歴史に書かれている。 キリス ...

-生き方
-