無人の八百屋

投稿日:2014年1月7日 更新日:

中学の時に高校受験で世話になった先生が名張に住んでおられる。
西名阪道路を天理から針インターを出て室生寺を通って名張に行くのであるが、
その道中に無人の八百屋さんがある。

地元のお百姓さんが白菜や、大根、ほうれんそうや人参などを並べてある。
一品百円と書いてあるだけで、そばに空き缶らしきものに、
お金を入れる穴があいてるのが置かれているだけだ。
車は走ってるが周りには人どうりはない。

買う人の良心を信じての八百屋さんだ。

安いのか高いのかは買い物慣れしていない私にはわからない。
しかし、信用されてることが大変嬉しく、ついつい買ってしまう。

滋賀県の琵琶湖のほとりに小川村と言うのがある。
日本の陽明学の祖といわれる中江藤樹先生の出身地だ。
この村に一歩足を踏み込むと清潔で、すがすがしい空気が漂っている。

武士であった藤樹が塾を初めるのに一番最初に捨てた者は『刀』だった。
『刀』を売って塾だけでは生活できないので酒屋を開いたのである。
これが実に藤樹先生らしい店で、小川村のすがすがしい空気のわけでもある。

一斗樽が置かれていて、自分で柄杓ではかり、
一合、一升いくらと書かれた紙が貼ってある。
もちろん自分でお金を払って帰る。店には番人もだれもいない。

お客の良心を信じた商いだ。

私が10歳ぐらいのころは家に鍵をかけるご近所の家はなかった。
(みんな貧しくてとられるものがなかったからかも知れないが!)

文明が進み豊かになると個人がモノやお金を沢山持つようになる。
すると良心が猜疑心になり、人を信用しないようになる。

ホントの平和は無人の八百屋を作ることだ。
それにはまず良心に従う行動が出来る人間を創ることだ。

みなさんはどんな人創りされてますか?

no image

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

no image

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

no image

2021/01/09

「物のモノサシ、心のモノサシ」を教えるコロナウイルス

コロナウイルスが教えているのは一体何かを問えば、私たち一人一人の心のモノサシではないかと感じている。 モノを計ったりする ...

no image

2021/01/08

「習慣は第二の天性」安岡正篤に学ぶ

人間には四つの要素がある。徳性と知能(情報)、技能及び習慣である。徳性が本質で、知能や技能はいくら有用・有意義でも属性的 ...

no image

2021/01/06

「道元の覚悟」に思う

道元は実に面白い。 なぜ人間には仏があるというのに修行するのかが大疑問で、自分の師匠が病気にもかかわらず、比叡山を飛び出 ...

-生き方
-