もう一人の自分と出会う

投稿日:2014年1月5日 更新日:

元旦に夢をみた。
松下幸之助さんの夢だった。
松下さんは両親に感謝する素直な気持ちになり、その先を考え先祖にも感謝した。
さらに突っ込んで、動物や植物、鉱物も含め、
この命を創ったのは自然そのものだと気づき、自然に感謝した。
すべての命が産まれ、生成発展、進化してる元を「根源」となずけられ、根源神社を作られた。
この神社におまいりされてる姿だった。

そこで以下のことを考えた。
1.多くのことを学び知識として比べられる自分。(違いがあることを知ってる)
2.起きて意識のある自分。(眠ってるときは無意識)
3.多くの体験を積んで記憶された自分。(過去の自分で未来ではない)

私たちは上記の三つを「自分」と呼んでいる。
この自分を肯定すると『対立』しかない。
否定すると現実の世界では生きれない。(虚無の世界か、一人孤独に仙人の世界だけだ。)

だから、どんな人とも共通する『もう一人の自分』を心の中に産み育てることで共同生活ができる。
その条件は以下の三つだ。
1.自然の摂理にしたがって生きる。
  (宇宙の法則を理解する客観的な自分)
2.三方良し(売り手よし、買い手良し、世間良し)さらに四方良しになれば自然良し。
  (循環し公害がない)
3.利他行が優先され利己心を満たす順番で判断、決断する。
  (役に立つ行動をする、良心を基準にする)

私たちが自分と思っている自分は『との自分』で対立する。
「私とあなた」のように戸が壁になり、自分の心を別物にする。(閉ざす)
もう一人の自分は対立しない『のの自分』だ。
互いが助け合い、支えあい融合する。
「わたしのあなた」のように暖簾がかかっていて、どちらからでも出入りは自由にできる。

前者の自分が自分だと思っているから苦しみ、悩む。
後者の自分で活動すると楽しく生き生きすること間違いなしだ。

もう一人の自分をうみ育てるには、
具体的に仕事や家庭生活の中で役に立つ行動をすることで成長、進化する。
迷ったり、悩んだり、苦しんだときは『もう一人の自分』と対話することだ。
決して前者の自分と対話してはいけない。
迷いが深くなり、自己中心的な判断しかできなくなる。

私は聖人君主になることを薦める気持ちはない。
苦しみや、悩みで迷ってることもいいが、
出来れば一分一秒を大切に活き活き生きたいと願っているだけだ。

皆さんはもう一人の自分産み育てていますか?

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

no image

2020/10/10

「不老不死」を求めるのは生の現実肯定

中国の道教は仙人思想で「不老不死」を求めた。 生を長く保ち続けるために不老長寿の薬を求めたと歴史に書かれている。 キリス ...

-生き方