二人の自分(意識)をひとつにしたら思いは現実化する。

投稿日:2012年11月10日 更新日:

先日、弊社の近くにある会社の社長の話を聞きに行きました。
具体的な数字の話より面白かったのは、自分の潜在意識を活用するという話でした。

顕在意識の九倍とも言われる潜在意識が眠ってるので、
具体的に呼び覚まし活用したら、次々現実化したとおっしゃる。

それはそう難しい事ではないのだと言われる。

実は顕在意識では「やりたい」、または「やらねばならない」と思って自分がいる。
潜在意識では逆に、「やっても出来ないかも」と疑ってる半信半疑の自分もいる。

この二つの自分をひとつにするだけだとおっしゃる。

顕在意識と、潜在意識を一致させる。
まず、「こうなりたい」ということを「思う」
それをまず「手帳に書く」眼で見る。
次に声に出して「自分に言い聞かす」潜在意識に届くように繰り返し言い聞かす。
たったこれだけで、潜在意識=顕在意識になる。

もちろんその願いは「未来が発展する」ことで、
自分にとってよい成績であったり、よい人との出会いであることを願うのだ。
心の底から潜在意識が納得すれば、信念となり迷いがなくなり心が強くなる。

この状態で日常生活や仕事を行動すると実現する。
しかし、願いに反して現実は良いことも悪いことも起って来る。
自分にふりかかってくる事が悪いこと(阻害要因)であっても
その事から逃げず、真剣に向き合えば除去の方法が浮んでくる、
その阻害要因を粉砕してしまうのであると体験した話をされる。

このとき大事なのは、当然潜在意識はうまくいくと考えているし、
顕在意識と一致しているから、変に筋肉が緊張するのではなく、
大声で怒鳴って緊張感を漂わせることをしなくて、リラックスした状態だが、
現実にど真剣に向き合ってるから、集中力が三倍になると感じだそうだ。

彼が「社長になりたい」と思ったら、
数ヶ月で「社長にならないか」と役員から言ってもらったそうだ。
現実は楽な社長でなく、大きな借入金を再借り入れする大事なときだった。
だから「楽はしてません」と話される。

肉体と精神、あるいは論理と根性といったように二元的に考えがちだが、
全くそうではなく、自分の心の中の顕在、潜在意識が統一が出来たら、
方向も定まり、具体的に何を努力するかも明確に見えてくると断言される。

あらゆるものがどんどん実現していくし、他人の悪いところに気付くのではなく、
個々人のよいところにフォーカスして気づきだし、人間関係の善循環が起こるといわれる。

事業は「利他行」=「お役だち」が実現されないと、嘘や詐欺では御客様は認めてくれない。
過去のサービスより、より付加価値があり、過去のモノより、より便利だったり、
より自分を表現できて役に立つことがなければ、単に値段の安いほうを選ばれるのが現実だ。

御客様のなかには、安いものでよいという人もおられるが、
大半の御客様はモノ、サービスとして、自分の思いをうまく表現して、
感動体験があったりするために、商品やサービスを求められいてるのである。

だからこそ、潜在意識を目覚めさせ、深い知恵を授かったり、
利他行の質もレベルアップし、
毎日強い願望を潜在意識にまで到達させ、
物事を成就させると言い聞かせ、イメージすることで新しい行動を生み、思いが実現されると結ばれた。

ホントによく自分を見つめられ、実践されてることに感服するとともに、
私も顕在、潜在意識が少しずれてる時は、自分を信じる信念がふらつく感じがする。
意識を一致させブレない自分(意識)を有意注意したい。
仕事は「嫌いでなく」→「自ら好きになり」→「楽しくして」→「愛する」と信念が深まる。
マザーテレサは「好きは感情です。愛には努力がいる」といってますね。

みなさんは自分の中の二つの自分(意識)を努力で一致させ「思い」実現してますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-