「自他不二」をどう表現するか?

投稿日:

私の好きな言葉で仕事部屋の額に飾っている。
この意味はどういうことかよく聞かれるので、
山頭火の言葉を引用する。
何事においても分別し相対的に見るのが一般的だ。
それではだめだと教えるのが禅だ。
自分を中心に外を見る。これは相対化する。(分別知)
自分を中心にうちの自分の心を見る。意志が働き絶対化する。(分別知)
外の主体を中心に自分が乗り移る。自分の主体がなく外の主体に絶対化する。(分別知)
外の主体を中心に自分が乗り移り、自分と外の主体が一如になる。(無分別知)

種田山頭火(1882(1882~1940年)に、
「雨だれの音も年取った」
こんな散文詩がある。
多分雨が降って托鉢にも出られないで縁側でじっと雨が落ちるのを眺めていたのだろう。
その雨だれを見ていて自分だけではない雨だれも年取ったと言いたいのだ。

僧が「己を見失わずということはどういうことですか?」と尋ねると、
鏡清和尚はこの僧に向かって「出身は猶お易かるべくも、脱体に道う(い)は還って難し」と答えた。

意味は自分を捨てるのはまだしも易しいが、
そういう自分をありのままに表現する事こそ難しいのだということだ。

皆さんは自他不二の無分別知をどう表現されてますか?

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

no image

2020/11/04

「強い心」は自分で創る

人間は基本は弱い動物である。丸裸では寒さや暑さを避けられない。そこで、「考える」という知恵を与えられている。狩猟時代は雨 ...

-生き方
-