コロナウイルスが教える発散理性

投稿日:

「仏道を習うというは自己を習うなり,自己を習うというは、自己をわするるなり。自己をわするるは、万法に証せらるるなり。」正法眼蔵より
意味=仏道を学ぶのは、真実の自分を明らかにすることである。真実の自分を明らかにするとは、自己を忘れることである。自己を忘れるとは、自己にとらわれた自己は本来なかったことを覚ることである。自己を完全に忘れると、万法が真実の自己であることつまり、自他の枠組みの執着がなくなったことが明らかになる。

自己を忘れるとは、自分の前にある人やモノ、物事に飛び込む以外に方法はない。仏教では「入我我入」と言って、自分が対象に飛び込んで自分を忘れてしまう状態で人間的な執着を離れた状態だ。

好きな言葉に「自他不二」というのがあるが、全く同じである。
道元が永平寺で坐禅していた時に火事になった、弟子たちはみんな大慌てに座禅堂から逃げて行ったが、道元は微動だにせず坐禅を続けた。「只管打座」と言って坐禅を伝えるのが目的だといって自己に執着しなかった。

自己を忘れるとは、なりきる事である。自分の小賢しい肉体的や精神的な欲を捨てきって、法の世界をひたすら実践してるのである。利己的な行動でなく、利他的行動の極みである。この時には人間的な執着が取れているのである。

恩師小田切瑞穂は理性には二つあるとよく言っていた。自己にとらわれた理性を収斂理性と言って虫眼鏡、もう一つの理性は発散理性と言って電熱器を思えと教えられた。周りに熱を与える利他的行動だというのである。この発散理性こそが「愛」であり、利他行だ。

人類は今までは自己に執着し自己の欲のために自然を思いのままに使ってきたが、自然は疫病としてコロナウイルスを生み出し、人間の自然に対する畏敬を取り戻すことを語ってるのではないだろうか?
発散理性に気づき自然と融合して生きることを望んでいるように感じる。

皆さんはいかが思いますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-