『自戒』

投稿日:

『つらいことが多いのは
感謝を知らないからだ

苦しいことが多いのは
自分に甘えがあるからだ

悲しいことが多いのは
自分のことしかわらないからだ

心配することが多いのは
今をけんめいに生きていないからだ

行きづまりが多いのは
自分が裸になれないからだ。』

誰が書いたかわからない。
私のメモの中にあったものだ。

逆に裸になって、一生懸命生きて、
他人のこと考えて自分に甘えないで感謝できない理由があるから、
自戒できないし、知っていても自分の行動を変えようとしないのだ。

幸せになりたくない人間はこの世の中にいないはずだが、
幸せと引き換えにしてもいいぐらい行動を変えれない理由があり、
世の中に背を向け、人生に絶望感をもって生きることが好きになる時があるのも事実だ。
変化する心の一瞬であることを祈る。

『心こそ 心惑わす心なり 心に心許すまじき』

みなさんは幸福になりたい派ですか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-