寒暖一円・二宮尊徳翁

投稿日:

寒暖一円・二宮尊徳翁
仕事をしていると立場によって感じ方や考えが異なるのは無理もない。
しかし対立のままでは仕事の課題は責任のなすりあいで融合しない。
解決するには立場が違う人同士が共有する土俵、
いい換えると仕事観が同じであることが必要条件だ。
それには大局観を持つことだと『寒暖一円』のたとえ話で二宮尊徳翁は教える。

『寒風を好む者は暑に住む者なり。
 寒風を悪む者は寒に住む者なり。
 暖風を好む者は寒に住む者なり。
 暖風を悪む者は暑に住む者なり。
 寒暖元は一円一物なり。
 好悪は我が居る所に在り。』

上記のように自分のいる立場が外の環境に触れて反応し『好悪』ができる。
まさに仏教で言う『縁』と言うことだ。

先日、光は無色であり、人間の目のプリズムで色となり、
更に心理的要素〔社会学的学習〕が加わって色が認識できると教わった。
1)物理的条件〔外的な状況〕
2)生物学的条件〔内側の人間の生物構造の状況〕
3〕心理的条件〔社会学的な学習で脳が反応する状況〕
この三つの条件が整って色が認識されるが、
物理的条件が同じでも個々人によってプリズムが違い、
また心理的条件が違うので、同じグリーンでもみんな違い相対的だそうだ。

しかし天才といわれる人は相対比較しなくても常に絶対を感じることができる。
ピアノでいえばショパンが絶対音感を持っていたといわれる。
またワインのソムリエもそうだ。
私のように絶対がない凡人は、
『寒暖元は一円一物なり、好悪は我が居る所に在り』と、
自分を客観化することを身につけなければならない。

みなさんは常日ごろ自分を深く客観化されてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-