本能は邪魔者か?

投稿日:

本能は邪魔者か?
結論から言うと邪魔者ではないというのが仏教的な解釈だ。
人間が生きていくうえでとても大事なことは性欲や睡眠欲や食欲だ。

これが満たされると快感を得て開放感、満足感を感じる。
逆に性欲や睡眠欲や食欲が抑圧されると、
イライラしたり、怒りっぽくなり、度が過ぎると犯罪を起こしかねないのが人間だ。

だからといって満ち足りて毎日100%以上が続くと、
逆に満たされすぎる苦しみがやってくるのも事実だ。
仏教的『中道』といって、われわれ凡人は良いころあいでバランスよく生活してるのだ。
〔われわれ凡人は約束をたがえたり、行き過ぎたりして時々は失敗もするから人間らしい〕

「維摩経」では「我見」を捨てることをやかましく説かれる。
その一説に男は男根がない人が坊さんになる資格がないというのだ。

坊さんの修行はもちろん使ってはいけないのが修行だ。
これは「我見」を捨てるということと同じ行為で、使うものを使うなという修行だ。
抑圧したら感情的に爆発するし、
怠慢で修行した振りして戒律を犯すかどちらかを突きつける真剣勝負だ。

煩悩はエネルギーだから良いのですね。
強ければ強いほど自覚も深まる覚者になると言うわけだ。

仏教では自利利他が大事と説かれる。
基本的な本能は自利心と言い生きるエネルギー〔原動力〕であり、
これが自己本位の利己心=奪う愛〔エゴ〕に向かうのが「我見」であり、自己中心的な行動になるが、
利他心=与える愛〔エバ〕に向かえば「我見」を離れ、相手の身になって行動をすることだ。〔お役だち〕

本能も煩悩も生きるエネルギーとして大事だが、
向かう方向が利己心へ内に入り相対的に対立するか?
外に向かって利他心で他人と共に相補的になるかの違いだ。

みなさん本能は邪魔者ですか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-