大切なものは気づかない

投稿日:

大切なものは気づかない
日曜日の朝早くから仕事で弊社を尋ねられた取引先の社長さんが、
「人財育成」のコツについてたずねられた。

私たちは見えるものを具体的に追いかけたり評価したりする方が解りやすい。
ところが、ホントに大事なものは見えないものだ。
見えないものを見る目を育てることが人財育成の大事なコツではないかとなった。

咄嗟に閃いたので、
「たとえば花瓶を思い浮かべてください。形や素材をまず見ますね。
 でも、花瓶として使うのは形で囲まれた空間に花を入れるのだ。」
空間をどんな大きさにして筒のような空間なのか、皿のようなのか、奇形なのか?

花瓶=空間

また、側にあった数珠にたとえて、ビンロージュの実〔玉〕を連ね紐で輪を作れば数珠になる。
一つ一つの数珠の玉を人にたとえたら、目に見えないが紐でつながってる。
この紐が無ければ、人と人はばらばらになる。
目に見えないが心や理念、絆〔思いやる利他〕をつなぐことが大事。

数珠=紐

2500年ぐらい前の中国の戦国時代には諸子百家といって、
孔子の儒家をはじめ、これを否定する老子荘子の道家や墨子、
兵法の孫子など多彩な人物が登場する。

その中でも道家の中興の祖といわれる荘子は市井の学者として、
手内職をしてぎりぎりの生活をして貧しいが悠々自適の暮らしをしたそうだ。
荘子は「無用の用」を大切に、「役立つ、役立たない」を分別するな!
役立たない事が役に立つと主張する。

老子は無為自然と「無知」「無欲」を生まれながらに知、欲をいたずらにふやさないと教える。
競い合わないで無知無欲で、天地に従うということを主張する。

私たちはややもすると自分の求めるものしか目に入らず、
視野が狭くなるものだ。

自分の主張が出すぎると大切なものに気づかない。
人はどんな人もすばらしく貢献してるし、
その長所を発見し伸ばすことだと会話を結んだ。
良い時も悪い時もこの実践ができるようになりたいものだ。

みなさんは大切なもの気づかれてますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-