マザーテレサの言葉に思う

投稿日:2019年4月10日 更新日:

「思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい それはいつか運命になるから」

マザーテレサ

「思い」は命から突き動かす情熱というイメージが湧き、
その情熱は熱意として具体的な言葉となり方法をを見出だし行動となる。
「思考」は熱い情熱(愛・慈悲)と意志となって具現化される。
意志は言葉になり行動となり現実化する。

思いは徐々に高い志へと尽きることなく進化する。
このような心持ちを創ることが超ポジティブ思考である。
それは物事や人物の良いほうだけを考え、
嫌なものは見ないということではない。
ネガティブとポジティブという相対化した思考を超えて、
絶望的な状況でも明るい光を見つけだし、
その光を信じて突き進むタフな精神のことだ。

命は本能として持っている生命力だ。
しかし、この生命力が素晴しい影響を及ぼし、
周りの人や環境をより良くする行動をとることで発揮される。

あくまでも利他的な志からうまれる。

しかし、われわれ凡人は自分を良く見せよう、
自分の行動で利益を得よう、
嫌われたくないと言った利己的動機が出発点であるのが普通だ。

「真・善・美」は目標でなく、自分の判断・決断による行動に現れる。
ところが、われわれ凡人は現実と目標の次元を変えてしまい、
現実はそんな綺麗ごとで生ききれないと「真・善・美」は未来という遠いところに置く。
この隙間に生まれるのが苦しみ迷い、悩みである。

「今・ここ・自己」この瞬間に過去も現在も未来もあると自覚し、
少しでも「今」、利己心を二番にすることができるようになることだ。
森信三先生は「真理は現実のただ中にある」と喝破されている。

マザーテレサが言うように、
自分の思いの大きさ、広さ、深さが今の自分の運命を具現化してる。
友は良き友か、仕事に誇りと喜びを感じてるか、今が楽しいか、
周りの環境や出会った人に感謝して、謙虚に喜びをともに分かち合ってるか?
まだまだ、おごりや不満があることを自問自答し反省する日々である。

皆さんはマザーの言葉を自分の現実とつき合わせてどう感じられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-