王道と覇道について考える

投稿日:

王道と覇道について考える
王道とは孟子が提唱するところの徳をもって治める政治で、
覇道とは武力を持ってする政治だ。

儒教では孔孟といって理想の政治を行い人間に対しては性善説を説かれた。
日本では王道=公明正大に物事を進めるリーダーの人徳で人を信じることを良しとする考えだ。
覇道=武力や金力、権力で支配していくリーダーシップでどちらかと言うと人を隷属化させる考えだ。

国民からすると王道を望むのは当然であろうが、
国民一人一人もリーダーのように自らを磨くメンバーシップがあってこそ成り立つのだ。

ケネディーの有名な演説を思い出す。
『アメリカがあなた方になにが出来ると言うことよりも、
 あなた方がアメリカになにができるか問いたい』

リーダーとメンバーが互いにベクトルを同じくして成り立つのである。
2500万年前、孔子先生は3000人の弟子と共に遊説されたが、
生涯で自分の政治の考えが認められ取り立てられたのは数年だ。
晩年はふるさと魯の国に帰って後継者を育成する事になる。

人間にとってモノを生産し豊かになる事は大事だ。
戦後は貧困のために泥棒をせざるを得なかった事実もある。
豊かな心ある社会にして互いが助け合うことをを旗印に物質の豊かさを求めた筈だ。

しかし現実は『衣食足りて礼節を知る』でなく、
『衣食足りて奪い合いと利己主義を知る』に傾きすぎてるように察する。
生活保護需給の問題などが表面化し国にぶら下がる利己的行動が目立つ。
(真に必要な人には当然国が支援する)

理想をもたないと人間は自分の本能の利己心に犯され、わがまま放題になるのが事実だ。
車にはアクセルという前進する力が備わってるが、暴走して衝突しないようにブレーキもある。
人間にも「理想」と言う志や「良心」他人を思いやる判断基準がありアクセルとブレーキが揃ってこそ、
共存共栄する社会の秩序が保たれるのである。
自らを高め利他行をすることでブレーキが造られると察する。

みなさんは王道と覇道どちらに軸足おかれてますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-