「馬鹿不平多」福沢諭吉

投稿日:

「馬鹿不平多」福沢諭吉
資生堂名誉会長の福原義春さんが読売新聞の夕刊で、
同窓会に行った時に聞いた言葉として、書いておられた。

22歳で意気揚々と入社したのに商品管理部に回され、
「不平で時間を無駄に使った」と述懐されていて、
経営者の中では大変な読書家である。

福原さんは福沢諭吉はオランダ語、英語を猛勉強し、教育者として講演、
著述、出版業にまで乗り出していたから、
「不平を言う暇がなかったはず」と感じ入られた。

「忙しい時こそ読書」を旨とし、今日までこられたそうだ。
読書が未来を解くキーワードを教えてくれることはまちがいない。

「君子豹変す」という言葉が易経の中にある。
これは根本的に真逆をやることで根本からものの見方、行動を変えることだ。
普通の人間では、そこまで自己否定したら
自分がなくなってしまいそうな感じになって行動はしない。

この言葉の後に「小人革面」=小人は面を革(あらた)む。
これはその時々で面を架け替える〔他人にあわせていろんな仮面を付け替える意味〕だけで
根本の自分は変わっていない小賢しいやり方でダメだということ。
〔普通はこのような対処が一般的だ〕

最近、実際に豹変しなければならない体験をした。
娘がある日、大変怒って、父親に抗議するので、
「話を聞くから落ち着いて話しなさい」といった。
すると、娘は「この表現はいつも父がやるやり方だ」と答えた。

鏡の法則というのがある。
目の前でわたしの行動を再現してくれている姿に、
自分自身がなんと愚かな行動をしていると思い知らされ、
ショックと同時に恥ずかしくなった。
それは一方的に押し付けるエゴ(利己心)そのものだった。

この機会に「小人革面」でなく「君子豹変する」という
根本を据えなおす覚悟ができた。

人間とは愚かなもので自分の行動が客観的に見えない。
自分が善と信じたら不善が許せなくなり、盲目的になって極端な行動をする。
「馬鹿不平多」は自分が善と思っている反対の出来事が許せなくなり、不平が出る。
たとえば、早くすることを善とすれば、ゆっくりやる行動を見たら悪とみなしてしまうのだ。
自分の価値観に溺れてしまうから不平が多くなるのだ。〔自己中の価値観〕
自分を天から見つめて、自分の「善悪」を一度とって、
素直に事実を見る自分になることだ。〔仏教では如実知見という〕

二宮尊徳は、天道には「善悪なし」と言っている。

皆さんは「馬鹿不平多」卒業されましたか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/16

「いい塩梅」の文化

梅を塩で漬けると梅酢ができる。食酢がない時代にはこれを使っていた。塩と梅酢の加減が丁度良いことを「いい塩梅」と言う。物事 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/14

「暑いな、元気が出るわ」中村天風の絶対積極言葉

このブログのタイトルの言葉は中村天風のものだ。絶対積極意識で明るく朗らかに陽気で生きるのが成功人生のコツだという。普通暑 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

-生き方
-