「我」について

投稿日:

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。
この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。

「我」とはエゴのことであり、当時の説明では「常・一・主・宰」である。
「我」=自己は変わらなく常にある単一で主体的で宰相のようにできる存在
こんな自己はあり得ない、すべてが「共生的関係存在」(縁)であると絶対的独立存在でないことを主張した。
仏教の根本原理は「諸法無我」で縁によって繋がっているというのである。
そして常に状況によっては変化する「諸行無常」であるというのである。
「無我」「無常」「縁起」で成り立つので「非有非無」という哲学的な矛盾したといもある。

現代科学での量子論や相対性原理を思わせる。
量子コンピューターは質量のあるのとないのが同時に存在すると言われている。

仏教で「有る」とは独立した存在で変化しないものと考えるとそれは「非有」になり、
「無い」とは全く無いのかと言えばエゴの要素は無いが論語でいう「意なく必なく固なく我なし」と表現する「無我」はある。
有るという「我」はなく、あえて言えば「無我の我」ということになり「非無」である。

道元によれば「仏道をならうというは、自己をならうなり。
      自己をならうというは、自己をわするるなり。
      自己をわするるというは、万法に証せらるるなり。
      万法に証せらるるというは、自己の身心および他己の身心を脱落せ
しむるなり。」
要するに「我」意識的自我(エゴ)を消し去って、無意識の自己を自覚することだというのである。
それには身も心も一切の束縛から解き放たれた「無我」に目覚め宇宙全体と一体化する。

禅では坐禅でそれを体得せよというのだが、一般の生活する者にとっては難しいが、
簡単に同じ心境が得られるとすれば、一心不乱に人の話を聞くことだ。
しかし、ただボヤっと聞くのでなく、何かに活用できないかといった姿勢で聞き入る、
教えてもらうという聞き方をすると同じ心境が得られるというのである。

皆さんは「我」についての仏教的な解釈いかが思いますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型の変異コロナウイルスが早いスピードで感染拡大して、緊急事態宣言は東京.大阪.兵庫.京都に出されている。飲食業は8時ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-生き方
-