「我」について

投稿日:

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。
この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。

「我」とはエゴのことであり、当時の説明では「常・一・主・宰」である。
「我」=自己は変わらなく常にある単一で主体的で宰相のようにできる存在
こんな自己はあり得ない、すべてが「共生的関係存在」(縁)であると絶対的独立存在でないことを主張した。
仏教の根本原理は「諸法無我」で縁によって繋がっているというのである。
そして常に状況によっては変化する「諸行無常」であるというのである。
「無我」「無常」「縁起」で成り立つので「非有非無」という哲学的な矛盾したといもある。

現代科学での量子論や相対性原理を思わせる。
量子コンピューターは質量のあるのとないのが同時に存在すると言われている。

仏教で「有る」とは独立した存在で変化しないものと考えるとそれは「非有」になり、
「無い」とは全く無いのかと言えばエゴの要素は無いが論語でいう「意なく必なく固なく我なし」と表現する「無我」はある。
有るという「我」はなく、あえて言えば「無我の我」ということになり「非無」である。

道元によれば「仏道をならうというは、自己をならうなり。
      自己をならうというは、自己をわするるなり。
      自己をわするるというは、万法に証せらるるなり。
      万法に証せらるるというは、自己の身心および他己の身心を脱落せ
しむるなり。」
要するに「我」意識的自我(エゴ)を消し去って、無意識の自己を自覚することだというのである。
それには身も心も一切の束縛から解き放たれた「無我」に目覚め宇宙全体と一体化する。

禅では坐禅でそれを体得せよというのだが、一般の生活する者にとっては難しいが、
簡単に同じ心境が得られるとすれば、一心不乱に人の話を聞くことだ。
しかし、ただボヤっと聞くのでなく、何かに活用できないかといった姿勢で聞き入る、
教えてもらうという聞き方をすると同じ心境が得られるというのである。

皆さんは「我」についての仏教的な解釈いかが思いますか?

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

no image

2020/11/04

「強い心」は自分で創る

人間は基本は弱い動物である。丸裸では寒さや暑さを避けられない。そこで、「考える」という知恵を与えられている。狩猟時代は雨 ...

-生き方
-