「コロナが教える日本の民主主義」に思う

投稿日:

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。
コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方法としてはロックダウンで都市封鎖だ。
これを実行すると人が行き来できないので経済活動がストップする結果を生み商売が倒産する。
経済と感染拡大防止は個々人の自覚によることが基礎とならねばならないが、個人の自由を優先する現実がある。

しかし、日本の文化は「困ったときはお互いさん」と言って助け合うのが普通だ。
いつまでマスクをするのかわからないが、他人に飛沫をかけないようにと常時マスクをかけている日本人が多い。
しかし、GO TOトラベル、GO TOイートという観光業や飲食店の支援策が出て、11月に入って第三波の感染拡大は起こっている。

話は変わるが、来年の新卒採用のために、毎月何度か会社説明会を開催している。
そこで質問するのは「なんのために働くのですか?」
答えは二つしかない。
1.「生活のため」
2.「自分のため」(成長したい)
そこで君たちには将来の夢はないのですか?
例えば将来自分で事業を起こし世の中のためになりたい。
国家試験を受けて国のためになる官僚、医者、弁護士になりたいとか、子供を立派に育てる教師になりたいと言う人物を目指すことはないのですか?

もっと現実的になると「お金持ちになりたい」と答える始末だ。
お金を何に使うのかですかと聞くと、「楽をして暮らしたい」
言い換えると仕事をしないで遊んで暮らすことが楽しいと思っているようだ。
実に悲しいが現実だ。
戦後民主主義がアメリカから入ってきて、自分の使命や責任を全うする自覚という個人主義でなく、狭い意味の個人主義であり、利己主義であり、もっと言うなら動物的な享楽主義ということが望みのように感じる。
コロナウイルスが若者を中心に多く見られるのは個人の自由という狭い個人主義が優位になっていると感じる。
年配の感染者は家庭内か病院、老人ホームなどの訪問者や看護師などからの感染だ。

さて、明治の福沢諭吉は「独立自尊」の精神を尊び、自分の人生は自分で切り拓いて行けと教えた。
禅では百丈禅師が「独坐大雄峰」という言葉を残している。
意味=百丈山で独り生きておる。(自己尊重であり、人間尊重、個人尊重だ。)
仏教には「一即一切 一切即一」(一人の中の全体であり全体の中の一人)
自分の全体であり、全体の自分を意味する。

だから人間は一人でいるという現実はあるが、決して一人ではないのである。
誰かの世話になっている。
生きるためには食べなければならないので、食物や魚や動物の世話になっている。
迷惑はかかっておる。
コロナウイルスが教えてくれるもう一つの日本の民主主義の本質が「他人に迷惑をかけない」という謙虚な精神が薄れてきたことだ。

さて働くことに関して「自分のために働く」という自己中な目的でなく、他人や世の中をよくする、世界をよくする、地球を良くするという発想が欲しい。
例えば「社会に感謝する人間となって恩送りする」
「みんなのために調和のとれた人間となり世のため人のために働く」
「人に迷惑はかけて生きているが、その替わりに他人の迷惑も喜んで引き受ける人間になる」
こんな社会の一員として働く志を高く持ってほしいものだ。

皆さんは日本の民主主義をどのように考えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-