ありのままにモノを見る(如実知見)

投稿日:

ありのままにモノを見る事は実に厄介だ。
どうしても自分の思いが入ってしまったり、こうありたいという願望が入る、それに、こっちが好きだとか、自分の都合や先入観が邪魔をしてありのままが見れない自分がいる。

室町時代、京都の街中にくねくね曲がった松がありました。
そこに一休禅師が「この松をまっすぐに見た者には金一貫文を与える。大徳寺一休」

大金だから街の人は必死になって、はしごをかけて斜めから見たり、木によじ登って上から見たりしたが、どうしてもまっすぐには見えない。

親友の蓮如上人が素晴しい回答を出される。
「曲がった松を『曲がった松じゃのー』と見るのがまっすぐな見方なのだ。」
白い物は白い、黒い物は黒い。
われわれの眼に自分の利害や都合がかかってくると正しく見れないのである。
たとえば、他人の答案には厳しく、自分の答案には採点が甘い。
他人の欠点を並べ立てるのは早いが、自分の欠点は並べられない。自分をよく見たいという本能が働くんですね。

「嫌な人の本当より、好きな人の嘘が良い」といった女性があった。
自分にとって都合の良い事はめったにないことであるように、
自分にとって都合の悪い事は認め、受けいれようとしなく大きく歪むんですね。(正見できない)
物事を100%良くても悪くても事実にそって受け入れられる人は現実の課題が明確になり智慧が湧き行動して乗り越えていける。
こんな人が幸福を実現できる人だ。

皆さんは現実100%受け入れ、幸福実現できてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-