「心を磨く」利他行に徹する。

投稿日:

目には見えない心を庭に喩えたのはイギリスの思想家ジェームス・アレンです。
これをいつも引用されるのは京セラの稲盛和夫さんだ。
「心の庭を知的に耕される事もあれば、野放しにされる事もありますが、そこからは、どちらの場合にも必ず何かが生えてきます。
もしあなたが自分の庭に、美しい草花の種を蒔かなかったら、
そこには雑草の種が無数に舞い落ち、雑草のみが生い茂る事になります。
すぐれた園芸家は、庭を耕し、雑草を取り除き、美しい草花の種を蒔き、それを育み続けます。
同様に私たちも、素晴しい人生を生きたいのなら、自分の心の庭を掘り起こして、そこから不順な誤った思いを一掃し、その後に清らかな正しい思いを植え付け、それを育み続けなければなりません」

人間の諸相はすべて私たちの「心」の投影であると語られる。
美しい種を心に植える。
それは真摯で、誠実で正しく清らかな「思い」をまき、育てなければなりません。
日々反省し、謙虚な気持ちで感謝し、おごり高ぶらず克己の心を忘れず、持ち続けなければなりません。

稲盛さんは心の浄化をすることだとおっしゃられる。
どれほど綺麗になったかは目に見えません。
しかし人格が変わってきます。
すると運命も変わってきます。

心を正しい方向に向けるのを邪魔するものは三毒といいます。
貪欲、瞋恚(憎い)、痴(おろか)で、利己心が元で引き起こす三つです。
何でもほしがる欲どしい種、思い通りにならないと怒り憎しむ種、愚痴は無知であり、人を批判したりののしったりする種だ。

この三毒を追い払い、毎日美しい種を植え、雑草を刈り取らないとなりません。
これには日々の反省がいります。
そのことが習慣になり、心が澄んでくると明鏡止水のごとく、
真実が知見することができ、仕事・人生が素晴しくなり、
「おもい」が実現していくと確信され京セラを世界企業に育て実現された。
稲盛さんは「真我」にまで到達し、利他の心で現実を変える力を得て運命を切り開かれると断言される。

利他行に徹する事で三方良しの社会を実現し、日々自己の利己心を克己し、謙虚、感謝、反省を元に新しい石材のビジネスモデルを構築し、自利利他を実現させる覚悟だ。

皆さんは自分の心の庭にどんな種を植えていますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-