「タイムロッキングボックス」という新製品に思う

投稿日:

現実を作っていく主体的な自分は自分を信じて命がけで行動する。
褒められたいとか、嫌われることにも動じない絶対的な価値というフィロソフィーがいる。

それは宇宙とつながる純粋で、素直な自分でなければならない。
元来弱い人間にとって、支えになるのは未来の可能性だ。
今はこんな状態でも、自分が自ら行動すれば必ず道ができていくという信念と覚悟である。

さて人間は貪欲な生き物である。
今アメリカで流行しているのは「禁欲ボックス」といわれるボックスだ。
娘さんがお菓子を食べ過ぎて、何とか抑制したいと考え、制限時間まで空かないボックスを作った。
これが大人気で売れているそうだ。
消費税が上がるといわれる日本では今後外食を控えて内ご飯にして節約するというアンケートが一番だった。

さすが資本主義の本場では貪欲の反対は禁欲ということで経済をさらに加速させるのである。
人間は相対的なものですが、その中で○も×も受け入れられる絶対的フィロソフィーを持っているのは日本人だと思う。

聖徳太子以来の「和を持って貴し」の精神が謙虚さや、感謝を生み、足るを知る精神を生み出した。
外に何かを求める自分をコントロールするのでなく、自分の内をコントロールするフィロソフーを築きあげてきた。

孔子は「最大の名誉は決して倒れない事でなく、倒れるたびに起き上がる事だ」と言ってる。

それには「夢と志」が不可欠だ。

皆さんは自分の内なる価値観どう作られてますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-