「信じて信ぜず」に思う。

投稿日:2019年7月6日 更新日:

この言葉は松下幸之助さんの言葉だ。
40有余年事業をして何回も騙されてきた。
その時の自分の心境はどうだったかと自問自答すると、
二つの心の動きがある。
1、他人に自分と代わってほしいと依頼心がでたとき。
2、自分の中の欲望が高まり、冷静さを無くしたとき。

信頼していた人にだまされるのは、人間不信になり絶望を味わう。
何度となく自分に問いかけ「人間を疑え、信じるな」と言い聞かせても、
それでは「人でなし」の国で仕事し生活する事になる。
人間社会で生きているには「信じなければ生きられない」
しかし、「信じすぎては生きられない」この信じすぎるとは自分に甘えがでて、
依頼心が起こったことの証でありおごり高ぶったときだろう。

さて、手塚治虫さんの残された言葉の中に、
「人を信じよ。しかしその百倍も自らを信じよ
 時によっては、信じきっていた人々に裏切られる事もある
 そんなとき 自分自身が強い盾であり、 
 味方であることが、絶望を克服できる唯一の道なのだ。」

どうすれば自分を100倍信じる心の姿勢ができるのかを自問自答する。
手塚さんのようでありたいと思うが、
自分を信じるという肯定的な心の姿勢には共感するが、
前述したように傲慢であったり、驕り高ぶったりする心の姿勢になり、
社会的な調和を欠く結果にもなりかねない。

「信じて信ぜず」という言葉の意味は、
他人に対する心の姿勢であると同時に、
自分自身の心の姿勢にも問いかけている言葉だと深く感じ入った。

「心こそ心惑わす心なり、心に心許すまじき」

こんな格言がある。

皆さんは他人も自分も信じ切れますか、最初から信じないですか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-