貧しさ(不足)は健康と心の強さを産む

投稿日:

青春とは「貧しい」ものである。
若い時にたくさんお金を持ち物資的にも豊かであれば、
働く気力も結婚して子供を育てることも怠って自分だけ楽しむかもしれない。

現代は年老いて単身者で暮らす人も多く、結婚もしない男子が増えている。
自力の貧しさ(不足)を克服する過程に運命的な出会いもあり結婚もする。

抱朴子曰く、「陰陽 交はらざれば、則ち坐(いながら)にして壅閼(ようあつ)の病(心身症)を致す。故に幽閉怨曠(引きこもり)、病多くして、寿(いのちながか)らず。

抱朴子も言うように、一人暮らしを楽しんでると性欲も失い気鬱になる。
自然に子供をもうけ子育てを楽しみ男女が助け合って生きるのが良いということだ。
仕事に生活に体当たりで生きていれば、
さらにより良くなりたいと思ってこそ自然な人間の欲求だ。
この思いが行動に表れ、身体も強靭に健康になるし、
毎日働き生活するには五欲をありのまま直接行動したら反社会的になる。
行動はあくまでも社会的秩序を遵守する。
必然的に五欲をコントロールしなければ続けられない。
結果、心も強靭となるのである。

仕事・人生の成果=「考え方×熱意×能力」とおっしゃられるのは京セラの稲盛さんだ。
思い・熱意・考えを正し、能力を伸ばしてくれる原動力が人間の五欲だ。

トルストイは
「一切の不幸せは不足から生じるのではない
 有り余るところから生じる」

私たちは自分をいつも不足な状態であることを自覚する事だ。
「思いが、志が、智慧が、健康が、勇気が、行動が、努力が」
みんな不足してるから発憤してがんばれるんだ。

皆さんは自分が不足していること気づかれてますか?

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

no image

2020/05/15

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」 マルクスの唯物弁証法と唯物史観からの脱却の時期が来た。言い換えると個人主義と集団 ...

no image

2020/05/14

共生社会の時代へ

コロナウイルスで世界はいまだにイデオロギー論争をしてお互いのエゴ(利己心)をむき出しにしているのが現状だ。 自由と民主主 ...

-生き方
-