仕事や人生を謳歌する人

投稿日:2019年4月2日 更新日:

結論から言うと共感エンジンを働かせる事ができる人である。
人間は感情的動物である。
感情は大脳皮質に情報がはいって起こる場合と、
劣等感や思い込みという自分自身の内から来る偏見を作ることによっても生まれる。

たとえば、誕生パーティーに招待された。みんなが祝っているのにも関わらず、
なぜか感情が嫉妬心が湧いて「私の時はこんな風にしてくれなかった」と、
不快な感情を抱く人もいる。
またあるいは、華やかなパーティーそのものが落ち着かないと感じて不機嫌な人もいる。
コミュニケーションの上手い人はその状況を察して共感し、
嫉妬する人には「君の時はどんなパーティーが良いかな」と聞いてあげたり、にぎやかな場所が嫌いな人には「風でもあたりに行こう」とそっとその場を変化させてあげる。

このように行動するだけで、全体の雰囲気を壊さないマインドのある人となれる。

学ぶとはこの現実に対応する事ができ、少しでもより良くしようと行動することだ。

でも、これだけでは気疲れしてしまって、
自分にストレスが溜まる。
さすれば、ストレスがたまらないようにする必要がある。
それは大局的で客観的で科学的に事実(ファクト)を掴む自分を育てる事だ。

そのためには、事実を100%受けいれ、データを基にする大局観がいる。
正確なデータをもとに全体像を掴み俯瞰する科学性だ。

ハンス・ロスリング共著の「ファクトフルネス」の中に書かれているには、
世界は金持ちグループと貧乏グループがあり、先進国と途上国という概念もあった。
実際にデータを調べてみると、世界の所得レベルは200年前までは世界の85%が、一日1ドルの人が約10億人の極貧の暮らしだ。
ところが、今の世界は大部分が一日4ドル(30億人)から16ドル(20億人)で暮らしている。
だから、過去の二元的な概念が通用しない。
事実は常に変化の過程にあって、
自分の思い込みや二元論的な分類にこだわるのも人間の性だ。
今の事実に基づいて人の感情を受けいれ対処してこそ、
仕事も人生も謳歌できる人となるに違いない。

皆さんはファクトとマインド両輪を磨かれてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-