「心奪われるもの」追い求める。

投稿日:

今朝、来年の採用面接に来た学生が仏教関係の大学に在学中であった。
面接で学生が注意しているのは就業規則や初任給、仕事の具体性、
それに会社の雰囲気と答えるのが一般的だ。
ところが、今日の学生は違った。
志望理由を聞いたら、弊社の理念の「利他行」をするというところに興味を持って、「お客さんに喜んでもらえる仕事のやり方」が共感できたという。

あまりにも、企業に喜ばれる返答で驚いたので、
クラブ活動やアルバイトの事も深く聞いてみた。
自分が先頭たって引っ張っていくような性質ではないが、
「他人が喜ぶことをするのが好きだ」という。
「なぜか」と聞くと、
「一緒に成長したいから困ってる事見たら自然と身体が動く」というのである。
すかさず「単なるお人よしで他人に利用されるよ」と返答したらうなずいた。
間が開いたので「何か質問あるか」と聞くと、
「利他をやるとどんな自利があるんですか?」と尋ねてきた。

「自利利他」という仏教語知ってると思ったので、突っ込んで話しをすすめた。
自利には「眼に見えるものと眼に見えないものがある」
社会人になったら、眼に見えるお金や地位や技能など眼に見えるものも大事だが、眼に見えないもので愛とか勇気とか志を立てるというものも自利なんだよ。
親は、子供を育てるが子供にお金くれとは言わないで育てるだろう、
それは健康で健やかに暮らしてみんなから慕われる人間になってくれたら良いのだ。
「これは眼に見えるものではないだろう!」といって、ネイティブアメリカンの教えを思い出したので言った。

「目を奪われるものがたくさんあるだろう。
 しかし、心奪われるものだけを追い求めなさい」

皆さんは利他行やって自利たくさん貰ってませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-