「WE(ウイ)= I(アイ)」が西郷隆盛。

投稿日:

「太上は天を師とし、
 其の次は人を師とし、
 其の次は経を師とす。」

最上の人は天(宇宙の法則)を師とし、
第二級の人物は聖人や賢人を師とし、
第三級の人物は聖人の書を師として学ぶ

西郷隆盛の敬天愛人は「天」と対話し、
物事の判断、決断をしたのだろう。
その生き方に「私心」がない。

どんな人も愛すべしと言う人間界を一段高いところから俯瞰して、
現実課題に取り組んでいった人物だ。
言い換えると、I(私人)が WE(公人)へ飛躍した姿である。

私のような凡夫は、 I(私人)の好きな事、楽しい事を目指し行動する。
そして、長じて社会人になると家族や周りの人という人間社会の関係性を重んじようとする。
あくまでも自分からの視点で外を見ているに過ぎない。
西郷さんの視点は逆だ。
自分も含め人間界を飛び出して現実の社会を良くしようという視点だ。
困難にぶつかり、新しい出来事と遭遇した時人間は判断、決断に悩むのが自然だ。
そんなときの相談相手が「天」である宇宙の法則を元に判断するのだ。
春夏秋冬、めくるめく時を刻み調和する自然を手本にする。

WE=I の人物だ。

皆さんは、WEとI 相対化してますか、一致してますか?

大阪石材社長ブログ

2021/03/06

「グローバル資本主義」どこへ行く

資本主義には二つの考え方がある。1.アダム・スミスの言う自由放任主義。純粋に財には規制や税制をフリーにする。あるいは働く ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/05

「資本主義は人間が主人公」

渋沢栄一がNHKのドラマの主人公になっている。日本の資本主義を構築し、第一銀行をはじめ全国に金融の体系を確立した。彼は西 ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由を「部下が悪いと部下のせいにして自分は間違ってない」「ただ厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

-生き方
-