「WE(ウイ)= I(アイ)」が西郷隆盛。

投稿日:

「太上は天を師とし、
 其の次は人を師とし、
 其の次は経を師とす。」

最上の人は天(宇宙の法則)を師とし、
第二級の人物は聖人や賢人を師とし、
第三級の人物は聖人の書を師として学ぶ

西郷隆盛の敬天愛人は「天」と対話し、
物事の判断、決断をしたのだろう。
その生き方に「私心」がない。

どんな人も愛すべしと言う人間界を一段高いところから俯瞰して、
現実課題に取り組んでいった人物だ。
言い換えると、I(私人)が WE(公人)へ飛躍した姿である。

私のような凡夫は、 I(私人)の好きな事、楽しい事を目指し行動する。
そして、長じて社会人になると家族や周りの人という人間社会の関係性を重んじようとする。
あくまでも自分からの視点で外を見ているに過ぎない。
西郷さんの視点は逆だ。
自分も含め人間界を飛び出して現実の社会を良くしようという視点だ。
困難にぶつかり、新しい出来事と遭遇した時人間は判断、決断に悩むのが自然だ。
そんなときの相談相手が「天」である宇宙の法則を元に判断するのだ。
春夏秋冬、めくるめく時を刻み調和する自然を手本にする。

WE=I の人物だ。

皆さんは、WEとI 相対化してますか、一致してますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-