体で聞く

投稿日:

情報化社会の現代は文字や記号、
映像で意志伝達する時代だ。
確かにパソコンやスマホは便利で、
いつでもどこでも連絡がつくことは間違いない。
ところが、FB、インスタグラムなどは別人が成りすましや、
嘘の情報を流されるのも事実だ。

蓮如上人が書かれた自力の心を振り捨てるために、
「領解文」(改悔文)の中には他力になる学び方が印されている。
1.頭で聞くと理解になる
2.心で聞くと共感になる
3.体で聞くと領解になる。(実感にて聞く)
私たちは理解する事ばかり考えて、
情報に振り回されているのではないでしょうか?
確かに10人が集まるとなると制約がいろいろでて、
なかなか会議もできません。
スマホさえあれば顔見て話ができる。
メールでさえ情報を送っていれば、
同じ場所にいなくても自分の時間を自由に使える。

便利を手にしたが体で聞く実感がなくなって、
推理力や洞察力、空気を読むことができなくなってきたように感じる。
個人主義で自由になる価値観を実現する事こそ正しいと、
信じ込んでいないだろうか?
仲間や家族が集まって規律正しくする事も束縛かもしれないが、
自由を噛みしめられる事にもなる。

自力とは自分の力ですが、頭で聞いたり心で聞いたりしない。
禅では「無」「空」になる。
自分の意も心も人間も意識しない「我」を無我という。
無我とは宇宙と一体になる実感を得ることだ。
他力とは宇宙を動かす法則そのものだ。
それを宗教的には「阿弥陀仏」と表現してる。
体で聞くことが日常茶飯事できたら、
毎日が極めて楽しい。(極楽)

皆さんは体で聞いていますか?

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

no image

2020/03/18

「自他不二」をどう表現するか?

私の好きな言葉で仕事部屋の額に飾っている。 この意味はどういうことかよく聞かれるので、 山頭火の言葉を引用する。 何事に ...

no image

2020/03/17

企業の定義が変化しだす時代

アメリカでは株主利益第一主義でなく、ESG(環境、社会、企業統治) をめざし、公益資本主義と言われるような時代になってき ...

no image

2020/03/17

経営するとは自分を経営すること

論語は政治をいかに経営するかが書かれている指南書である。 郷党第十には孔子の人柄、日常の生活の在り方や、 目上の人と接し ...

-生き方
-