健康は自分で創る

投稿日:

安岡正篤は、易と人生哲学の中で「健康な人」を以下のように書かれている。

「人間として欲望も才能も、そして気力も気魄もあり、
しかもよく反省して自己を粛清し、
てきぱきと事を処理していけるというのが本当の健康な人なのだ。」

実存主義者のサルトルは「人間は自由である。人間は自由そのものである」
というのだ。
逆に言うと何に照準を合わせるかを決めなければ、自由は無秩序になる。
古来「真、善、美」は自由に秩序を与える究極の価値観だ。

「真」を極めるのは学者、「善」は商人、「美」は軍人・芸術家である。
世界は自由と民主主義が基本であると考える自由主義陣営と、共産主義陣営があり、二分している。

マルクスは資本主義を、個人の欲望増殖に励み、
競争によって格差を生み自らを駆逐する、と考えた。
高度に発展した資本主義は、社会主義へ移行し、
富をみんなのものとする共産主義社会が実現されると考えた。
そんな社会があるなら作ろうと、ロシアや中国が実験している最中が現代だ。

社会的な視点から個人の人間としての健康を考えると、
やはり健康な体は運動と栄養からでき、自らの欲望をコントロールする必要があり、足るを知る心は利己心が利他心へ転換させ、互いを認め合う人間になることだ。
しかし、今の段階では未熟すぎる。

心の時代といわれてるが現実の精神世界は未熟といわざるを得ない。
「健体康心」はあるものでなく、自ら創意工夫して創るものである。

皆さんはどのように健康を創られていますか?

no image

2020/07/11

「道心」

「道心の中に衣食あり 衣食の中に道心なし」伝教大師最澄の「伝述一心戒文」の中にある言葉だそうだ。 この言葉は恩師の小田切 ...

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

-生き方
-