健康は自分で創る

投稿日:

安岡正篤は、易と人生哲学の中で「健康な人」を以下のように書かれている。

「人間として欲望も才能も、そして気力も気魄もあり、
しかもよく反省して自己を粛清し、
てきぱきと事を処理していけるというのが本当の健康な人なのだ。」

実存主義者のサルトルは「人間は自由である。人間は自由そのものである」
というのだ。
逆に言うと何に照準を合わせるかを決めなければ、自由は無秩序になる。
古来「真、善、美」は自由に秩序を与える究極の価値観だ。

「真」を極めるのは学者、「善」は商人、「美」は軍人・芸術家である。
世界は自由と民主主義が基本であると考える自由主義陣営と、共産主義陣営があり、二分している。

マルクスは資本主義を、個人の欲望増殖に励み、
競争によって格差を生み自らを駆逐する、と考えた。
高度に発展した資本主義は、社会主義へ移行し、
富をみんなのものとする共産主義社会が実現されると考えた。
そんな社会があるなら作ろうと、ロシアや中国が実験している最中が現代だ。

社会的な視点から個人の人間としての健康を考えると、
やはり健康な体は運動と栄養からでき、自らの欲望をコントロールする必要があり、足るを知る心は利己心が利他心へ転換させ、互いを認め合う人間になることだ。
しかし、今の段階では未熟すぎる。

心の時代といわれてるが現実の精神世界は未熟といわざるを得ない。
「健体康心」はあるものでなく、自ら創意工夫して創るものである。

皆さんはどのように健康を創られていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-