求めない心

投稿日:

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、
私たち人間は、親しくなると何を言ってもいい、と要求するのは当然と思っている。

キリスト教社会では「愛」という言葉が、良いことのように使われるのは、
個人主義というベースがあるからだ。
個人が自己犠牲して近寄っていくと、解釈するから素晴らしい行動なのだ。

ところが、仏教的には「渇愛」と言って、仲良くなればなるほど、
もっともっとと求めるレベルが高く強くなり、良くない行動と解釈する。

恋愛中のことを思い起こせば良い。
最初は目と目が合うだけでいいのに、
親密な時間を過ごせば過ごすほど、目と目が触れ合うだけでは物足りなくなる。
電話をかけて返事がないと、相手が自分の思いに応えてくれないと考えたり、
極端にはほかの女の人や男の人ができたのかと疑い出す。

昨日、友人の奥さんが、
「私は孤独に耐えてるから死ぬときも美しく自分で死ねる。
 友達の多いあなたは孤独に苦しむでしょう。」と言った、と聞いた。
主人が奥さんに理想を押し付けているんだろうなと思った半面、
奥さんも労ってほしいと思っているのであろう。

凡人の我々は、親しくなると理想の姿を要求する。
友人の話は現実の相手をよく見ることだと諭されたように感じた。

皆さんは求めない心、出来ていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-