求めない心

投稿日:

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、
私たち人間は、親しくなると何を言ってもいい、と要求するのは当然と思っている。

キリスト教社会では「愛」という言葉が、良いことのように使われるのは、
個人主義というベースがあるからだ。
個人が自己犠牲して近寄っていくと、解釈するから素晴らしい行動なのだ。

ところが、仏教的には「渇愛」と言って、仲良くなればなるほど、
もっともっとと求めるレベルが高く強くなり、良くない行動と解釈する。

恋愛中のことを思い起こせば良い。
最初は目と目が合うだけでいいのに、
親密な時間を過ごせば過ごすほど、目と目が触れ合うだけでは物足りなくなる。
電話をかけて返事がないと、相手が自分の思いに応えてくれないと考えたり、
極端にはほかの女の人や男の人ができたのかと疑い出す。

昨日、友人の奥さんが、
「私は孤独に耐えてるから死ぬときも美しく自分で死ねる。
 友達の多いあなたは孤独に苦しむでしょう。」と言った、と聞いた。
主人が奥さんに理想を押し付けているんだろうなと思った半面、
奥さんも労ってほしいと思っているのであろう。

凡人の我々は、親しくなると理想の姿を要求する。
友人の話は現実の相手をよく見ることだと諭されたように感じた。

皆さんは求めない心、出来ていますか?

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

no image

2020/03/18

「自他不二」をどう表現するか?

私の好きな言葉で仕事部屋の額に飾っている。 この意味はどういうことかよく聞かれるので、 山頭火の言葉を引用する。 何事に ...

no image

2020/03/17

企業の定義が変化しだす時代

アメリカでは株主利益第一主義でなく、ESG(環境、社会、企業統治) をめざし、公益資本主義と言われるような時代になってき ...

no image

2020/03/17

経営するとは自分を経営すること

論語は政治をいかに経営するかが書かれている指南書である。 郷党第十には孔子の人柄、日常の生活の在り方や、 目上の人と接し ...

-生き方
-