人物を育てる

投稿日:

企業の究極の目的は世の中に役立つ人物を育てることだと思う。
江戸時代には学校がないので、
各藩では文武両道の人材を養成する仕組みがあった。
江戸の昌平黌は朱子学を基本に幕藩体制の根幹として人材養成した。
現代にも影響を与えているのは島津藩の「郷中教育」であろう。
はじめられたのは戦国時代からで、
第十代 島津忠良(日新公)のいろは歌に残されている句がある。

「古(いにしえの)道を聞いても唱えても我が行にせずば甲斐なし」

知行合一を言っているのである。
「薩摩学」「日学」と言って、神仏儒の三教を学ぶのである。

日課は朝一番で先生のところへ行って本読みをする。
終えたら、家に帰って朝食を済ませ、本読みを復習し、
家事を手伝って、その後、馬上に出かけ馬追い、
相撲、旗取りなど身体を鍛える。
午後は、ともに誘い合い、先輩や先生の家に行って復習をする。
その後、剣、槍、弓、馬術の武の稽古をする。

その基本的な教えはシンプルだ。
1.負けるな
2.嘘をつくな
3.弱い者をいじめるな
4.たとえ僅かでも女に接することも、
 これを口上にのぼらせることも一切許さない。
5.金銭欲、利欲をもっと卑しむべきこと。

言い換える「公明正大」で良心を主人として、
責任を果たす文武両道の人間養成をしてきたのだ。

武士は藩の経営を担うが、ドラッカーによれば経営の本質について、
経営の本質は「責任」であると断言している。

そのためには自分の見識を広めどんなことが起ころうが、
対応できる学びと体力を作ることが、
リーダーの日々果たさなければならない責務である。

リーダーは自分の立場を利用して私欲肥やしたり、
部下と付き合って優越感にしたってるのでなく、
自分を刺激してくれる人を友とする。
経営も自己利益のみ追いかけるのでなく、
愛を持って、国の利益を取り、世界の利益を考え行動するものだ。

現代を生きるものは仕事によっては、
高度なスキル(技能)がいることは当然だ。
しかし、独自な技術を超えた仕事に対する私心の無さという、
純粋な心構えを持った人物を育てることだ。

人物を育てる皆さんはどう考えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-