怠けるな

投稿日:

お釈迦さんが80歳で亡くなるときに、
阿難が、今後どうしたらいいかを尋ねた。
「自灯明、法灯明と言って自分を照らせ、私が説いた法に照らして生きる」
最後は「怠けるな」、コツコツ努力を信条にして励め、というのである。
これは大般涅槃経に書かれている。

「常に怠けず、心を律し、正しく教えを記憶し、
 もろもろの悪を離れ、心を休め、幸せを味わえ」

「古いものを喜んではならない
 新しいものに魅惑されてはならない
 滅びるものを悲しんではならない
 そして誘惑するものに妄執してはならない」

「心を慎み、怠けないこと、
 これを甘露(不死)という。
 怠けて慎みがないこと、
 これを死という。
 もし怠けなければ、不死の理を体得し、
 もし怠れば常に死への道へ赴く」

釈尊を加えて七仏が理屈だけでなく行動し体得された習慣がある。

「七仏通戒偈」
諸悪莫作(しょあくまくさ)
衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)
自浄其意(じじょうごい)
是諸仏教(ぜしょぶっきょう)

これを精進しろと言い残された。
我々凡夫にとっては当たり前で、頭で理解できるが、
毎日の習慣に落とし込めていない。
だから、体に血肉化していないから、迷ったり苦しんだりする。
肝に銘じて「怠けるな」と自分に言い聞かす習慣を作る。

皆さんは、お釈迦さんの死の直前の言葉、いかが思いますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-