「心を高め、磨く」ことは物心両面の幸福を運ぶ。

投稿日:

孫氏の兵法の基本は「戦わずして勝つ」である。
自分の命を無駄にしないことである。

そのために、逃げ道を考えて戦うのも一つだし、嘘をついてごまかすのも方法だ。
しかし、こんなごまかしの方法では敵に悟られてしまって、駄目である。

具体的には、戦うために必要な物資があるか、とか、
兵士の心が一つになり大義を貫いているか、ということが重要だというのである。

現実の自由経済社会でも、仕事は日進月歩戦いであるといっても過言ではない。
もちろん、戦争のように敵を倒すことではなく、現実の技術やサービスをよりよくするために、
昨日の自分の技術での商品サービスを一歩でもよりよくする戦いである。

そのためには常に学び見識を広め、「心を高め、磨く」努力がいる。
白隠禅師の「坐禅和讃」では、
「衆生本来仏なり、水と氷のごとくにてーーーー」
とあるように、元来、人間は水の性質を持っているのである。
頭も情報処理の道具であるから、情報をインプットしアウトプットする。
ところが、自分の欲が入ると正しくインプットできないのが人間だ。
だから無心になり、私利私欲を少し横に置いて、観察することを会得する。(如実知見)

心も同じだ。
コップに入っている水が心だとしたら、放っておくと水は腐る。
流れているか、新しい水に入れ替えないとだめだ。
心が自由自在になるのは、心を高め磨く努力をしている時だ。
体も同じだ。
無理しすぎると逆に壊してしまうが、
しっかり動かして使わなければ筋肉も落ちていくのである。

さて現実的には「心を高め、磨く」には、強い“意志”がいる。
それだけでは実現しない。
もう一つのベクトルは、「愛」だ。
他人を思いやり、他人の喜ぶことを行動する強い「愛」は、自発的に自分を突き動かす必要がある。
それは子を思いやる母のような自発的な「愛」である。

「習慣は第二の天性」といわれるように、日々の生活の中、仕事を通じて自分の心を高め、
生まれた時よりも少しでも成長させる習慣を身に付けることが、幸福を手にすることになる。
「心を高め、磨く」ことが物心両面の幸福を味わうこと、間違いなしだ。
さらに、相対的な分別に生きる我々は積極、消極と二元論的に考えるが、
中村天風は「絶対積極」で明るく生き、消極的な観念を更改する事をせよ、と言いきるのである。

皆さんは、心をどのように高め、磨かれていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-
-