「価値ある自己になる」

投稿日:2018年9月7日 更新日:

「価値ある自己になる」

常岡一郎棟梁の言葉である。

「一万人を支配することを願う人は多い。
しかし、一万人の人から仰ぎ見られる、
価値ある自己になることを心掛ける人は少ない。
万人の親しみと尊敬を集め得るほどに自己を磨き上げること、
自らの不備、不徳を強く反省する事が、人生の基礎を固める道である。」

論語に「知好楽」という言葉がある。
知ることより好きな事の方がよく、
好きより楽しんでやる事が良いという意味だ。
私はさらに「遊ぶ」というのがもっと良いと思っている。

しかし、遊ぶにも、遊ぶものがいるし、遊び方もいろいろある。
このように考えを進めるのが現実的だが自己中心的な狭い考えでもある。

常岡棟梁は違う。
「一万人から仰ぎ見られる価値ある自己になる」
言い換えると誰もが認める棟梁を目指した人なのだ。
この人は頂点を目指しているのだ

私には腰が引けてしまうぐらい大きな志をもたれたと感心するとともに、
自分の小さな料簡や志の低さを反省させられた。
張ったりなら言えるが、人前で堂々といえない自分がいる。
それなりの行動をしなければ、誰も信じてくれないことが解っているからだ。

常岡棟梁は「自分に厳しい人」である。
先日、料理番組を見ていたら、
まな板を食材によって変えるといってました。

また、ごま油は60度で香りが飛ぶので、
料理の仕上げにフライパンの回りにかけ火を止める。

やっぱりプロは違うな!

ある面から言うとトコトン味にこだわって食材も料理法も調味料も最高に生かす。
拘るのは自分に対してでなく、料理を食べる人に素材を生かし最高の味を提供する。
まさにプロの料理人は「一万人から仰ぎ見られる価値ある自己」に挑戦する人なんだ。

省みて、私はそんな自己を日夜磨いてるか自問自答すると、
随分、気楽で適当に生きてるようでもったいないと反省しかない。

大きな志抱いて、張ったりを言わないという謙虚という美名の怠惰かもしれない。

皆さんは一万人支配したいですか、一万人に仰ぎ見られたいですか?

no image

2020/08/06

コロナ対応にみる仕事観の違いに思う

今、世界中がコロナウイルスにどう対応するかを問われている。 その対応から見えてくるアメリカ型の資本主義はトランプ大統領が ...

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

-生き方
-