老子を受け入れる

投稿日:2018年7月12日 更新日:

老子を誤解していたように感じたのは、
伊那谷に住む加島祥造さんの詩に出会ったからだ。

「求めない」という詩集から・・・・・・

求めないー
すると
簡素な暮らしになる

求めないー
すると
いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めないー
すると
いま持ってるものがいきいきとしてくる

求めないー
すると
キョロキョロしていた自分がおかしくなる

求めないー
すると
心が静になる

求めないー
すると
心が広くなる

求めないー
すると
ひとに気がねしなくなる

求めないー
すると
恐怖感が消えてゆく

もう一つの詩集に「受けいれる」・・・・・・

受けいれるー
それは
柔らかな自分を
いたわることなんだ
そうしないと
固くこわばって
たたかい
たがいに傷つけるようになる

ともに生きる心は祈るー
競って生きる心は
求める

生きていくにはこの両方がいる必要だが
どちらかが過剰になると
危ないんだ

老子は言うー

人は陽を背負い
陰を胸に抱いて
和に向かって進む、と
自分の中の不和に
「気づく人」は、タオの道にいる

「無敵」とは味方を創ることでもなく、敵を倒すことでもない。
敵を創らないことだと田中角栄は語った。
他人に味方と敵を分別してるのは求めている自分があるからだ。
他人に何かを求める前に「受けいれる」そして自分の不和に気付くことだ。

老子は決して仙人思想でなく、現実を生き抜く智慧である。
皆さんはいかがおもいますか?

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由に、部下が悪いと部下のせいにして、自分は間違ってない、唯、厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

-生き方
-