今に生きる

投稿日:2018年6月29日 更新日:

相田みつおさんの言葉に、
「自己否定も自己肯定もともに必要ですね」

仏教では欲を捨てなさい。煩悩を絶ちなさいといわれる。
なかなかその意味が理解しがたいのが普通だ。

自己否定=我に執着する欲(我利我利)は否定する。
自己肯定=生きるために身体を維持する食欲、種を保存する性欲。
活躍するためにエネルギーを溜める睡眠欲。
肯定する欲は生きるためだ。これも行き過ぎると逆に自分を害する事になる。
この欲が行き過ぎたり、行かな過ぎたりすると健康が維持できないのも事実だ。
儒教では中庸と言って、行き過ぎ行かなすぎずを大事にせよと教える。

もう一つ人間には精神の自由がある。
過去に思いをはせたり、未来を創造したり精神が自由自在に時間を渡り歩く、
その結果「人間は過去を後悔し、現在を愚痴り、末来に怖れをを抱く」
禅宗では「今ここ自己」を諭す。

道元は「今日ばかりの命あるなり」(心は今日にある)
臨済は「心法無形十方に通貫す」(心は宇宙に点在して開放されてる)

我という我はなく無我といいたいのだ。
今に集中するとは事実の中に自分を置く事だ。
今を行動するとは過去の体験を生かし、未来を創造して開いていくのだ。
後悔や愚痴、恐れのない今を獲得することが無我という主体だ。

みなさんは今生きてるから今があると思いませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/03/06

「グローバル資本主義」どこへ行く

資本主義には二つの考え方がある。1.アダム・スミスの言う自由放任主義。純粋に財には規制や税制をフリーにする。あるいは働く ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/05

「資本主義は人間が主人公」

渋沢栄一がNHKのドラマの主人公になっている。日本の資本主義を構築し、第一銀行をはじめ全国に金融の体系を確立した。彼は西 ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由を「部下が悪いと部下のせいにして自分は間違ってない」「ただ厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

-生き方
-