今に生きる

投稿日:2018年6月29日 更新日:

相田みつおさんの言葉に、
「自己否定も自己肯定もともに必要ですね」

仏教では欲を捨てなさい。煩悩を絶ちなさいといわれる。
なかなかその意味が理解しがたいのが普通だ。

自己否定=我に執着する欲(我利我利)は否定する。
自己肯定=生きるために身体を維持する食欲、種を保存する性欲。
活躍するためにエネルギーを溜める睡眠欲。
肯定する欲は生きるためだ。これも行き過ぎると逆に自分を害する事になる。
この欲が行き過ぎたり、行かな過ぎたりすると健康が維持できないのも事実だ。
儒教では中庸と言って、行き過ぎ行かなすぎずを大事にせよと教える。

もう一つ人間には精神の自由がある。
過去に思いをはせたり、未来を創造したり精神が自由自在に時間を渡り歩く、
その結果「人間は過去を後悔し、現在を愚痴り、末来に怖れをを抱く」
禅宗では「今ここ自己」を諭す。

道元は「今日ばかりの命あるなり」(心は今日にある)
臨済は「心法無形十方に通貫す」(心は宇宙に点在して開放されてる)

我という我はなく無我といいたいのだ。
今に集中するとは事実の中に自分を置く事だ。
今を行動するとは過去の体験を生かし、未来を創造して開いていくのだ。
後悔や愚痴、恐れのない今を獲得することが無我という主体だ。

みなさんは今生きてるから今があると思いませんか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-