今に生きる

投稿日:2018年6月29日 更新日:

相田みつおさんの言葉に、
「自己否定も自己肯定もともに必要ですね」

仏教では欲を捨てなさい。煩悩を絶ちなさいといわれる。
なかなかその意味が理解しがたいのが普通だ。

自己否定=我に執着する欲(我利我利)は否定する。
自己肯定=生きるために身体を維持する食欲、種を保存する性欲。
活躍するためにエネルギーを溜める睡眠欲。
肯定する欲は生きるためだ。これも行き過ぎると逆に自分を害する事になる。
この欲が行き過ぎたり、行かな過ぎたりすると健康が維持できないのも事実だ。
儒教では中庸と言って、行き過ぎ行かなすぎずを大事にせよと教える。

もう一つ人間には精神の自由がある。
過去に思いをはせたり、未来を創造したり精神が自由自在に時間を渡り歩く、
その結果「人間は過去を後悔し、現在を愚痴り、末来に怖れをを抱く」
禅宗では「今ここ自己」を諭す。

道元は「今日ばかりの命あるなり」(心は今日にある)
臨済は「心法無形十方に通貫す」(心は宇宙に点在して開放されてる)

我という我はなく無我といいたいのだ。
今に集中するとは事実の中に自分を置く事だ。
今を行動するとは過去の体験を生かし、未来を創造して開いていくのだ。
後悔や愚痴、恐れのない今を獲得することが無我という主体だ。

みなさんは今生きてるから今があると思いませんか?

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

no image

2020/03/18

「自他不二」をどう表現するか?

私の好きな言葉で仕事部屋の額に飾っている。 この意味はどういうことかよく聞かれるので、 山頭火の言葉を引用する。 何事に ...

no image

2020/03/17

企業の定義が変化しだす時代

アメリカでは株主利益第一主義でなく、ESG(環境、社会、企業統治) をめざし、公益資本主義と言われるような時代になってき ...

no image

2020/03/17

経営するとは自分を経営すること

論語は政治をいかに経営するかが書かれている指南書である。 郷党第十には孔子の人柄、日常の生活の在り方や、 目上の人と接し ...

-生き方
-