今に生きる

投稿日:2018年6月29日 更新日:

相田みつおさんの言葉に、
「自己否定も自己肯定もともに必要ですね」

仏教では欲を捨てなさい。煩悩を絶ちなさいといわれる。
なかなかその意味が理解しがたいのが普通だ。

自己否定=我に執着する欲(我利我利)は否定する。
自己肯定=生きるために身体を維持する食欲、種を保存する性欲。
活躍するためにエネルギーを溜める睡眠欲。
肯定する欲は生きるためだ。これも行き過ぎると逆に自分を害する事になる。
この欲が行き過ぎたり、行かな過ぎたりすると健康が維持できないのも事実だ。
儒教では中庸と言って、行き過ぎ行かなすぎずを大事にせよと教える。

もう一つ人間には精神の自由がある。
過去に思いをはせたり、未来を創造したり精神が自由自在に時間を渡り歩く、
その結果「人間は過去を後悔し、現在を愚痴り、末来に怖れをを抱く」
禅宗では「今ここ自己」を諭す。

道元は「今日ばかりの命あるなり」(心は今日にある)
臨済は「心法無形十方に通貫す」(心は宇宙に点在して開放されてる)

我という我はなく無我といいたいのだ。
今に集中するとは事実の中に自分を置く事だ。
今を行動するとは過去の体験を生かし、未来を創造して開いていくのだ。
後悔や愚痴、恐れのない今を獲得することが無我という主体だ。

みなさんは今生きてるから今があると思いませんか?

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

-生き方
-