読書の秋

投稿日:2017年11月19日 更新日:

座右の銘というのがどんな人物にもある。
私は「自他不二」を体得し「天人合一」「「知行合一」をモットーにしている。

怠け者で愚かな私には「夢のまた夢」を見てるようで実現できてないことは間違いない。

メンタルトレイニングの西田文郎さんは、逆説的な表現で、
「不幸の三定義」
1.決して素直に「有難う」といわない人
2.「ありがとう」と言っても、恩返ししない人
3.「ありがとう」と唱えただけで恩返しができたと思ってるいる人

この人は心から素直に感謝し、
さらに、その恩を具体的に返す事で三倍も四倍も努力し恩返しされたのだろう。

それには情熱と誰にも負けない努力と不屈の精神力(心)がいるに違いない。
元京都大学総長の、平澤 興先生は、
「秋の空は高く澄みきり
夜には無数の星が見える
秋の夜の夢は
大きく高いほどよい
問題は夢に負けない努力だ。
あくまで燃え続けることだ。」

行動あるのみであるが、行動にも二つある。
1.具体的に行動する現場で日常の課題を解決する
(只管打座とただ坐禅することで空の心を養う)
2.具体的現実を推理し創造し日常の課題を解決する。
(読書や他人の話しを素直に聞き自らの心の幅と奥行きを広げ、かたよらない、こだわらない心を養う)

森信三先生は、
「読書は心の食物
肉体を養うため
毎日の食事が欠かせないように
心を豊かに養う滋養分として読書は欠かせない」

吉田松陰はもっと過激だ。
「万巻の書を読むに非らざるよりは、
寧んぞ千秋の人たるを得ん」
意味=たくさん書物を読破するのでなければ、
どうして長い年月にわたって名を残す、
不朽の人となることができるだろうか。できはしない。

ラグビー会の平尾誠二は、
「人間の力は
全部出し切らないと増えない
出し切らずに溜めたら、逆に減るのです。」

「人生二度なし」という覚悟で楽しむ事がよさそうだ。

皆さんは読書の秋どう過ごされてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-