井上靖の言霊

投稿日:2017年11月21日 更新日:

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」
簡潔で解りやすく納得のいく言葉だ。

人生が楽しくて幸福に満ち足りているといい切れる人は努力する人だ。
結果として「幸福だった」「成功できた」といえる人は生きてる時間は怠けない。
なぜなら、誰よりも生きる欲が強いからだ。

お金をなくしても働けば稼げる。
名誉をなくして失敗しても、チャンスがあるし挽回もできる。
しかし勇気を失くしたら、すべてを失くしてしまうことは確かだ。

「兆」きざしに勇気がない人は「逃」るとなるが、
手偏がつくと勇気ある人で「挑」となり挑戦するだ。
何かを成し遂げる人に共通するキーワードは二つあると松下幸之助は言う。
1.勇気
2.行動力
それでもうまく行かない人に必要なのは絶対に諦めない「覚悟」。
死んでもやり遂げるという強い強い決意だ。
成功や幸福を獲得する原因は自分との戦いだ。
他人と戦ってるのでなく、自分の弱さ、甘さを如何に克服するかいう戦いだ。

いつも希望を語れる自分でありたい。
井上靖さんは小説の世界でいつも新しいものを創造生み出すのに自分と戦われたのだ。
だからこそ世界の人が注目するに値する小説が書けたのだ。
「自分に厳しく人に優しい」私の志だ。
今の自分は未熟でまだまだ出来ていないことだけは解っている。

皆さんは井上靖の言霊如何に感じられますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-